住宅用火災警報器の点検・交換をしましょう!

印刷

最終更新日:2021年4月12日 ページID:023527

定期的に点検し,設置から10年以上経過している場合は交換をおすすめします。

 新築住宅は,平成18年6月1日から住宅用火災警報器の設置が義務付けられ,既存住宅にも平成23年6月1日から義務づけられました。設置してから10年が経過している住宅もあります。10年以上経つと,住宅用火災警報器は,内部の部品が劣化して,正常に作動しなくなる恐れがありますので,本体の交換のご検討をお願いします。

住宅用火災警報器啓発用チラシ1

住宅用火災警報器啓発用チラシ2

住宅用火災警報器とはどのようなもの

火災発生の初期段階で煙等の発生を感知し,警報音や音声により知らせる機器です。

「住宅用火災警報器」を設置する場所

寝室の天井または壁,2階に寝室がある場合は階段の天井等にも設置が必要です。

また,火を取り扱うキッチン等にも設置することをおすすめします。

どこで購入できるの?

消防設備取扱店,ホームセンター及び家電量販店などで取り扱っています。

お問い合わせ先

火災予防課
電話番号:029-221-0119 /ファクス:029-224-1139

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日