ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類からさがす > 文化・教育・スポーツ > 教育・生涯学習 > 学校教育 > 教育委員会 > 学校給食食材の放射性物質測定結果

本文

学校給食食材の放射性物質測定結果

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2022年10月14日更新 印刷ページ表示

学校給食食材の放射性物質測定について

 より安心できる学校給食を提供するため、市の自主検査として学校給食に使用する食材の放射性物質の測定を簡易測定器により行っています。
 測定の結果、放射性セシウムが50Bq/kg以上の場合には、念のため、ゲルマニウム半導体検出器による精密検査を行い、検査結果が出るまでの間は、その食材を使用した献立を変更または中止することとしております。

食品衛生法の基準値(単位:Bq/kg)
対象 放射性セシウム
飲料水 10Bq/kg
牛乳 50Bq/kg
一般食品 100Bq/kg

最新情報
 9月16日の測定結果

  • もやし 他

 いずれも放射性物質は検出されませんでした。

添付ファイルのダウンロード

給食食材の放射性物質測定結果(R4月6日.1~6月10日) [PDFファイル/44KB]
給食食材の放射性物質測定結果(R4月5日.19~5月31日) [PDFファイル/44KB]
給食食材の放射性物質測定結果(R4月4日.18~4月28日)[PDFファイル/43KB]
給食食材の放射性物質測定結果(R4月4日.7~4月15日)[PDFファイル/40KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)