ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類からさがす > 健康と福祉 > 医療・健康・衛生 > 健康づくり > 地域で活動している食生活改善推進員をご存じですか

本文

地域で活動している食生活改善推進員をご存じですか

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2022年9月7日更新 印刷ページ表示

食生活改善推進員とは

食生活改善推進員は、「私達の健康は、私達の手で」をスローガンに、食を通した地域の健康づくりを推進する、全国に協議会組織を持つボランティア団体です。「ヘルスメイト」や「食推さん」などと呼ばれています。

バランスのとれた食生活について学んだことを、実践し家族やお隣さん、お向かいさんへと働きかけ、仲間とのふれ合いを通じて、地域のよりよい食習慣づくりを進めています。

水戸市食生活改善推進員会

水戸市食生活改善推進員会は昭和47年に発足し、現在は、小学校区33支部に分かれて約270名の食生活改善推進員が活動しています。

活動内容

  • 各市民センターなどで、生活習慣病の予防に向けた講座や、親と子の料理教室、ひとり暮らしの高齢者に食事を提供する食事会などを開催し、食事の大切さを伝えています。また、納豆料理の普及活動も行っています。
  • 幼児期に正しい食習慣を身につけてもらうために、3歳児健診時に食育のリーフレットを配布しています。
  • 食についての研修会に参加したり、調理実習を行うなど、健康的な食生活や栄養について勉強しています。

一緒に水戸市食生活改善推進員として活動しましょう!

水戸市食生活改善推進員になるには、市主催の「食生活改善推進員養成講習会」を受講することが必要です。

養成講習会を修了し、水戸市食生活改善推進員として活動していきましょう。

水戸市では、養成講習会を2年に1回実施しています。

令和4年度 養成講習会の募集はこちらをご覧ください。

参考