ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

水府流水術

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2022年8月1日更新 印刷ページ表示

水府流水術水府流水術2

名称

水府流水術(すいふりゅうすいじゅつ)

所在地

水戸市城東3-2-28

保持団体

水府流水術協会

年代等

江戸時代

指定区分

市指定

指定年月日

平成6年6月3日

 水府流水術は、那珂川を臨む水戸に古くから発達した武術です。泳法は「のし泳ぎ」を基本としていますが、上町流は元禄年間に島村孫衛門正広が指南し、下町流は小松郡蔵、荷見守壮が指導していました。斉昭が弘道館を開くと、はじめて水府流水術と命名し、武術の1科目として奨励しました。泳法は横体のほか平体・立体・潜水・浮身などあり、明治以降も広く普及しました。現在は、昭和45年に設立された水府流水術協会によって、保存・伝承されています。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。