ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類からさがす > 文化・教育・スポーツ > 歴史・文化財 > 世界遺産 > 教育委員会 > 「多様な学びのかたち 近世日本の教育遺産群を世界遺産に」の刊行について

本文

「多様な学びのかたち 近世日本の教育遺産群を世界遺産に」の刊行について

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2022年6月13日更新 印刷ページ表示

「多様な学びのかたち 近世日本の教育遺産群を世界遺産に」

 茨城県水戸市,栃木県足利市,岡山県備前市,大分県日田市の4市は「近世日本の教育遺産群」の世界遺産登録を目指しています。
 令和3年3月に,株式会社ブックエンドより『多様な学びのかたち 近世日本の教育遺産群を世界遺産に』が刊行され,当協議会の専門委員及び事務局も執筆に加わりました。
 本書では,近世日本の学びの様子や各資産の概要,教育遺産群が世界遺産に相応しいかなど,多角的な視点から取り上げております。
 書籍の内容・購入等につきましては,株式会社ブックエンドホームページ<外部リンク>をご覧ください。

書籍

関連情報