ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類からさがす > 市政 > まちづくり > 移住・定住促進 > 移住をお考えの方へ~水戸で新しい生活を始めてみませんか~

本文

移住をお考えの方へ~水戸で新しい生活を始めてみませんか~

ページID:0002089 更新日:2022年6月13日更新 印刷ページ表示

フロント画像

水戸市について

  • 水戸市は、東京から約100キロメートルの距離にあり、茨城県の県庁所在地で、県内唯一の中核市です。
    ※中核市とは、政令指定都市に次いで大きな事務権限を持つ市のことで、全国に62市あります。
    • 人口 270,685人
    • 世帯数 122,598世帯
    • 面積 217.32平方キロメートル
      (人口及び世帯数は、令和2年10月1日国勢調査確定値)
  • 常磐線の特急列車や高速バスの発着もあり、都心へのアクセスも便利です。
    ​<東京からの所要時間>
    • 自動車 約1時間40分
    • 電車 約1時間15分
    • 高速バス 約2時間10分

水戸市の位置

暮らしについて

  • 気候について
    寒さのやや厳しい冬の季節を除くと、比較的温和で過ごしやすいです。
  • 市内外の交通網について
    • 電車 JR(常磐線・水郡線)水戸駅、偕楽園駅(臨時駅)、赤塚駅、内原駅鹿島臨海鉄道(大洗鹿島線)水戸駅、東水戸駅、常澄駅
    • バス 200を超える路線により、市中心部と郊外部や周辺市町村を結んでいます。
  • 買い物について
    水戸駅には駅ビル、中心市街地には百貨店、郊外には大型ショッピングセンターがあるほか、地元産の新鮮な野菜が並ぶスーパーに加え、ドラッグストアやコンビニエンスストアも多くあるため、買い物がしやすいです。また、おしゃれなカフェやこだわりの飲食店も数多くあります。

交通

※暮らしの情報については、水戸市市民ガイドブックをご覧ください。

医療について

  • 医療施設
    病院数:25 診療所数:250
    周産期医療施設として、水戸済生会総合病院、水戸赤十字病院のほか3施設が指定を受けており、安心して妊娠・出産ができる環境を整えています。
  • 休日や夜間の緊急診療
    水戸市休日夜間緊急診療所:休日や夜間の急な病気やケガのときのために、365日毎日開設しています。
    茨城県立こども病院:水戸市に立地し、深夜帯の小児救急を受け入れています。
  • 医療費補助制度
    高校生までの外来・調剤薬局・入院の費用を助成(所得制限なし)
    不妊・不育症、妊産婦の治療費の助成などがあります。

医療

※医療機関の案内や予防接種、健康検査、がん検診の情報については、健康づくりガイドブック・みとをご覧ください。

子育て・教育について

  • 子育て支援サービス
    • 子育て支援・多世代交流センター(2施設)
      子どもを中心とした様々な世代の方が集い、子育ての情報交換や悩み相談などの交流ができる施設
    • 子育て広場
      子育て中の親子が気軽に集い、近所に住む方と交流できる「遊び場」を、令和3年度中に34か所ある全市民センターに開設予定です。
  • 保育施設等
    保育所数:58、認定こども園数:16、幼稚園数:17
  • 快適な教育環境の充実
    • 児童生徒1人1台タブレット端末の配備完了
    • 小中学校の空調設備設置率:100パーセント
    • 小中学校のトイレ洋式化の推進
      ※令和3年度中に、ほぼすべての小中学校のトイレ洋式化が完了予定
  • 放課後学級の充実
    小学生の放課後等における居場所づくりとして、放課後児童健全育成事業を実施しています。
    ※小学校6年生までの希望者全員を受け入れ

子育て

ICT教育

※子育ての情報については、水戸市子育て支援総合ガイドブックをご覧ください。

しごとについて

  • 市内事業所数(約13,000か所)
    事業所の80%以上が、卸売・小売業、サービス業などの第3次産業中心の商業のまち
  • 求人・求職相談窓口
    • 水戸公共職業安定所(ハローワーク水戸)
    • いばらき就職支援センター(ジョブカフェいばらき)
  • 創業支援
    Wagtail(ワグテイル)、M-WORK(エム・ワーク)
    コワーキングスペースやテレワークスペースとして使用できるほか、起業や創業に関連するセミナーの開催など、起業や創業を目指す方を支援する環境を整えています。
  • 就農スタートアップ支援
    就農準備のための講座受講料や、就農開始時の必要な資材の取得等に要する経費の一部を助成します。

仕事

雇用・労働に関する情報については、こちらをご覧ください。

移住支援制度

移住支援金

東京圏から水戸市に移住し、就業や起業した場合

移住+就業
水戸市に移住し、茨城県マッチングサイトに掲載されている対象法人に就職した場合
単身:60万円
世帯:100万円
子ども:1人につき30万円加算
移住+起業
水戸市に移住し、地域課題解決型起業支援金の交付決定を受けた場合
移住+テレワーク
水戸市に生活の本拠として移住し、移住元での業務を引き続きテレワークで行う場合
関係人口
茨城県が行う「if design project」に参加したことがある者で、水戸市に移住した場合

詳しい制度概要はこちらをご覧ください。

子育てまちなか住宅取得補助金

子育て世帯が対象区域に住宅を取得し居住する場合、上限50万円を補助

基本額

住宅及び土地取得費用の2%(上限30万円)を補助

加算額

中学生以下の子ども3人目以降1人につき5万円加算

空き地や空き家・中古住宅を取得した場合、10万円加算

詳しい制度概要はこちらをご覧ください。

安心住宅リフォーム支援補助金

中古物件を取得し、リフォーム工事(費用50万円以上)を行った場合
工事費の10分の1(上限10万円)を補助

詳しい制度概要はこちらをご覧ください。

移住者の声

水戸市で新しい生活を始めた移住者の暮らしぶりは、こちら<外部リンク>をご覧ください。

移住のご相談・お問合せ

水戸市 政策企画課 政策審議室

ご相談・お問合せは、窓口、オンライン、電話、下記リンク先の専用フォームで対応いたします。
暮らしの様子や住まいのことなど、お気軽にご連絡ください。
 Tel:029-350-1580(直通)
 専用フォーム:いばらき電子申請・届出サービス​<外部リンク>
 業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日、祝日、年末年始を除く)
 ※窓口、オンライン、電話でのご相談をご希望の方で、上記業務時間内のご相談が難しい場合は、その旨を専用フォームにてお知らせください。

いばらき暮らしサポートセンター

都内で相談できる窓口です。
 所在地:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
 Tel:080-9552-5333、03-6273-4401
 業務時間:午前10時00分から午後6時00分まで(月曜日・火曜日、祝日、夏季・冬季休業を除く)
 ※詳しくはいばらき暮らしサポートセンター<外部リンク>​​をご覧ください。