ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類からさがす > 健康と福祉 > 医療・健康・衛生 > 予防接種 > 新型コロナワクチン接種 > 新型コロナワクチンを無料で接種できるのは、令和6年3月31日までです

本文

新型コロナワクチンを無料で接種できるのは、令和6年3月31日までです

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2024年1月26日更新 印刷ページ表示

新型コロナワクチンの全額公費による接種は、初回接種・令和5年秋開始接種ともに、令和6年3月31日までです。接種を希望する方は、お早めの接種を検討してください。また、令和6年3月31日までに初回接種が完了できない場合、残りの接種は自費で受けていただくことになります。できるだけ期間内に必要な接種を完了できるよう、余裕をもって接種を受けてください。

令和6年3月31日までの接種(無料)

医療機関によって年度内の最終接種日が異なります。
無料での接種を希望する方は、お早めに接種を希望する医療機関に直接連絡してください。

12歳以上

詳細は、「初回接種(12歳以上)」「令和5年秋開始接種(12歳以上)」をご確認ください。

5~11歳

詳細は、「初回接種(5~11歳)」「令和5年秋開始接種(5~11歳)」をご確認ください。

生後6か月~4歳

詳細は、「初回接種(生後6か月~4歳)」「令和5年秋開始接種(生後6か月~4歳)」をご確認ください。

令和6年4月1日からの接種(自己負担あり)

令和6年4月1日以降は、自己負担が発生します。自己負担額は未定です。
詳細は、「令和6年度の新型コロナワクチン接種について」をご確認ください。

参考

新型コロナワクチンの全額公費による接種は、令和6年3月31日で終了します [PDFファイル/627KB]

新型コロナワクチンの全額公費による接種は令和6年3月31日で終了します(表)新型コロナワクチンの全額公費による接種は令和6年3月31日で終了します(裏)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)