ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

副反応について

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2022年8月1日更新 印刷ページ表示

新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法

副反応への対応方法(表) 副反応への対応方法(裏)

 

新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法 [PDFファイル/233KB]

​接種後の発熱・腕の痛み等についての相談窓口

茨城県新型コロナワクチンコールセンター(副反応相談窓口)

電話/029-301-5394
時間/24時間対応  ※土曜日・日曜日、祝日も開設​

ワクチン接種を受けた後、2日以上熱が続く場合や症状が重い場合などは、医療機関の受診をご検討ください。

予防接種健康被害救済制度

​予防接種の副反応による健康被害は極めて稀ではあるものの、不可避的に発生するものです。予防接種健康被害救済制度は、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するものです。
予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町村により給付が行われます。

予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

ワクチン接種に係る健康被害の救済(治療費の請求等)についての相談窓口

保健予防課新型コロナワクチン事業室

電話/029-303-6313
時間/午前8時30分~午後5時15分  ※土曜日・日曜日、祝日を除く​​

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)