ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類からさがす > 健康と福祉 > 医療・健康・衛生 > 感染症・難病・特定疾患 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備えましょう

本文

新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備えましょう

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2023年1月11日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルスの感染が拡大し、ここ数年流行をしていなかったインフルエンザも流行期に入りました。
流行状況によっては、より多くの発熱患者が同時に生じる可能性があり、医療機関の診療体制などをひっ迫するおそれがあります。

新型コロナウイルスとインフルエンザから身を守るため、マスクの場面に応じた適切な着用、適切な手洗い、十分な換気など感染予防策を心がけ、同時流行に備えましょう。

診療・検査医療機関にかかりづらくなる場合に備えましょう

感染が拡大した場合には、診療・検査医療機関にかかりづらくなる場合も考えられます。下記を参考に事前の準備やご理解をお願いします。

ワクチンの早期接種を!

新型コロナやインフルエンザなどの感染症の予防には、ワクチン接種が最も有効です。2022年11月2日付け 日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会、日本小児科医会公衆衛生委員会公表資料より<外部リンク>

※ 新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは、同時に接種することができます。

新型コロナワクチン

インフルエンザ予防接種(自己負担あり)

ワクチンの効果

ワクチンを接種することで、症状が出にくくなったり、症状が出た場合でも重症化しにくくなったりします。

ワクチン接種後の副反応

接種を受けたところが痛む、熱が出るなどの症状がありますが、ほとんどが数日以内に回復しています。

発熱などの体調不良時に備えて、あらかじめ準備を!

ご自身の感染を確認し、自宅療養できるよう、新型コロナ抗原定性検査キット解熱鎮痛薬をあらかじめ薬局などで購入しておきましょう。
​※ 新型コロナ抗原定性検査キットは研究用ではなく、国が承認した「医療用」または「一般用」のキットを選んでください。

新型コロナウイルス感染症の一般用抗原検査キット(OTC)の承認情報<外部リンク>(厚生労働省ホームページ)

同時流行リーフレット

同時流行リーフレット [PDFファイル/445KB]

流行時における発熱などの症状がある場合の受診・検査の流れ

流行時に、より重症化リスクの高い方が適正な医療を受けられるよう、年齢などに応じた受診方法や新型コロナの自己検査の実施にご協力をお願いします。
また、受診の際は、必ず事前に、医療機関へ電話で受診相談をし、来院時間や注意事項などを確認しましょう。

受診・検査の流れ

市内の医療機関

茨城県陽性者情報登録センター<外部リンク>

関連情報

新型コロナウイルス・季節性インフルエンザの同時流行に備えた対応(厚生労働省)<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)