ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類からさがす > 健康と福祉 > 医療・健康・衛生 > 医療機関情報・地域医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 受診の前に、まず電話!~発熱等での受診方法など~
現在地 トップページ > 分類からさがす > 健康と福祉 > 医療・健康・衛生 > 感染症・難病・特定疾患 > 新型コロナウイルス感染症 > 受診の前に、まず電話!~発熱等での受診方法など~

本文

受診の前に、まず電話!~発熱等での受診方法など~

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2022年9月1日更新 印刷ページ表示

発熱などの症状がある方は、受診の前に、まず、かかりつけ医など地域の身近な医療機関(病院、診療所)に電話で相談しましょう。
診療・検査医療機関一覧<外部リンク>はこちらをご覧ください。(県ホームページにリンクします)

まず電話で受診の相談を!

受診までの流れ(身近な医療機関がある方)

受診までの流れ

  • 発熱などの症状がある方、解熱後も体調不良が続いている方は、受診する前に、かかりつけ医や地域の身近な医療機関へ電話で受診の相談をし、予約した時間に受診してください。ただし、検査ができないなどの理由で、ほかの医療機関を紹介される場合があります。
  • 市内の医療機関では、診療を予約制にしたり、発熱患者専用の診療時間を設けたりするなど、各種の対策を行っています。そのため、電話をせずに、直接医療機関へ行くのは、控えてください。
  • 受診の際は、サージカルマスク(3層の不織布マスク)を着用しましょう。
  • 医療機関からの、次のような質問に答えられるように準備しましょう。
    (例)
    • いつから、どのような症状がありますか
    • 家族や学校、職場で同じような症状の方はいますか
    • 2週間以内に外出や会食、新型コロナウイルス陽性者との接触はありましたか
    • 外出時に、マスクを常に着用していましたか
    • 飲んでいる薬はありますか

診療・検査医療機関とは

  • 発熱などの症状がある患者の診療や検査を行う医療機関で、県が指定します。
  • 適切な感染対策がされているので、安心して受診してください。
  • 検査の実施については、医師が個別に判断します。(検査を別の施設で行う場合もあります。)
  • 検査の結果、新型コロナウイルス感染症と診断された場合は、年齢や症状などによって、医療機関や保健所での対応が異なります。検査を受ける際は、診断後の対応について事前に医療機関へご確認ください。
    ※ 詳細は、「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ」のご案内をご確認ください。

かかりつけ医など身近な医療機関がないときは

かかりつけ医など身近な医療機関がないときは、県ホームページで診療・検査医療機関一覧<外部リンク>をご覧になるか、受診・相談センターにお問い合わせください。

受診・相談センターに電話する

受診先の案内をします。受診の予約は、直接、医療機関へ連絡してください。

受診・相談センター 専用電話番号 ファクス番号 開設日時
茨城県庁 029-301-3200 029-301-6341 毎日午前8時30分から午後10時まで
水戸市新型コロナウイルス相談窓口 0120-845567 毎日午前9時00分から午後6時00分まで

※ 帰国者・接触者相談センターは名称を変え、受診・相談センターになりました。

感染症の流行状況に関心を持とう

  • 感染症には流行する時期があります。自分や家族の周りで、どのような症状の病気が流行しているか把握しておきましょう。体調がすぐれないときに医療機関を受診する目安となります。
  • 相談・受診の際に、医療機関から、職場・学校などでの感染症の流行状況などを聞かれる場合もあります。
  • 茨城県の感染症情報センター<外部リンク>では、インターネット上で、県内の感染症流行情報をみることができます。

自分や家族の健康状態を把握しよう

  • 体調がすぐれないときに、症状に合った適切な医療機関を受診するためには、日ごろから自分や家族の健康状態を把握しておくことが大切です。
  • 平熱は何度か、持病はあるか、かかりつけの医療機関はどこかなどを、家族で確認しておくことで、いち早く体調の変化に気づき、早期の相談・受診につなげることができます。
  • かかりつけ医のない方は、体調がすぐれないときに受診する医療機関を、事前に調べておきましょう。
  • 茨城県が運営しているいばらき医療機関情報ネット<外部リンク>では、インターネット上で、診療科目や受付時間などを調べることができます。

思いやりをもった冷静な行動を

  • 新型コロナウイルス感染症への過度なおそれから、感染した方やその家族、医療従事者などに対して、誤解・偏見に基づく中傷や不当な差別を行わないようにしましょう。

関連情報

休日や夜間の緊急診療

水戸市休日夜間緊急診療所