ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類からさがす > 市政 > 行政改革 > 市町村合併・連携 > 連携中枢都市圏の取組について

本文

連携中枢都市圏の取組について

ページID:[[open_page_id]] 更新日:2022年6月13日更新 印刷ページ表示

いばらき県央地域連携中枢都市圏の形成に向けた取組について

 水戸市、笠間市、ひたちなか市、那珂市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里町及び東海村から成る県央地域9市町村は、2008(平成20)年1月に県央地域首長懇話会を設置し、相互に連携して地域全体の活性化に取り組んできました。2016(平成28)年度には、茨城県央地域定住自立圏の形成に関する協定を締結し、医療、福祉、観光、地域公共交通など、様々な分野における広域連携事業を推進してきました。
 そのような中、水戸市は、2020(令和2)年4月に県内初の中核市へ移行し、連携中枢都市圏の連携中枢都市となる要件を満たしたところです。連携中枢都市圏は、より広い分野での連携が可能となるなどのメリットがある制度で、水戸市を含む圏域についても、連携中枢都市圏を形成することについて9市町村長が合意し、令和4年2月に「いばらき県央地域連携中枢都市圏」の形成に関する協約を締結しました。

圏域図

連携中枢都市 水戸市
連携市町村 笠間市、ひたちなか市、那珂市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里町、東海村
 (計5市3町1村、9市町村)

連携中枢都市圏構想とは

 人口減少・少子高齢社会にあっても、地域を活性化し経済を持続可能なものとし、国民が安心して快適な暮らしを営んでいけるようにするために、地域において、相当の規模と中核性を備える圏域の中心都市が近隣の市町村と連携し、コンパクト化とネットワーク化により「経済成長のけん引」、「高次都市機能の集積・強化」及び「生活関連機能サービスの向上」を行うことにより、地方圏への人の流れの創出に加え、活力ある社会経済を維持していくための制度です。
 連携中枢都市圏は、連携中枢都市となる圏域の中心市と近隣の市町村により形成されます。連携中枢都市は、1.政令指定都市または中核市、2.昼夜間人口比率がおおむね1以上(昼間人口≧夜間人口)、3.三大都市圏の区域外に所在すること等を満たす市で、いばらき県央地域連携中枢都市圏では、水戸市がこれに該当します。

詳しくは、総務省「連携中枢都市圏構想」<外部リンク>をご覧ください。

圏域形成に必要な手続き

1 連携中枢都市宣言

 圏域の中心都市(連携中枢都市)が、近隣の市町村(連携市町村)との連携に基づいて、圏域全体の将来像を描き、圏域全体の経済をけん引し、圏域の住民全体の暮らしを支えるという役割を担う意思を有すること等を明らかにするため、「連携中枢都市宣言書」を作成し、公表することです。
 水戸市では、2021(令和3)年11月15日の第37回県央地域首長懇話会において、連携する8市町村長と協議の上、「連携中枢都市宣言」を作成し、公表しました。

宣言写真
 【連携中枢都市宣言】[PDFファイル/729KB]

2 連携協約の締結

 連携中枢都市と連携市町村が、基本方針や連携する取組などの事項を定めた協約について、議会の議決を経た上で1対1で締結します。
 水戸市及び連携する8市町村では、それぞれの議会において連携協約の締結に関する議案が議決され、令和4年2月21日にいばらき県央地域連携中枢都市圏連携協約締結式を開催し、連携協約を締結しました。

締結式写真

※以下から、水戸市と各市町村との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書をご覧いただくことができます。

 笠間市との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書[PDFファイル/1019KB]
 ひたちなか市との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書[PDFファイル/1009KB]
 那珂市との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書[PDFファイル/1.02MB]
 小美玉市との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書[PDFファイル/988KB]
 茨城町との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書[PDFファイル/1.07MB]
 大洗町との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書[PDFファイル/1.09MB]
 城里町との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書[PDFファイル/1.05MB]
 東海村との間における連携中枢都市圏の形成に関する連携協約書[PDFファイル/1.03MB]

3 連携中枢都市圏ビジョンの策定

 連携中枢都市が、圏域の中長期的な将来像や、推進する具体的取組などを記載した「連携中枢都市圏ビジョン」を、民間や地域の関係者を構成員とする連携中枢都市圏ビジョン懇談会における検討を経て策定します。
 水戸市では、連携する8市町村との協議や「いばらき県央地域連携中枢都市圏ビジョン懇談会」における検討及び意見公募手続などを経て、令和4年2月21日に「いばらき県央地域連携中枢都市圏ビジョン」を策定しました。
 【いばらき県央地域連携中枢都市圏ビジョン】[PDFファイル/2.54MB]
 【意見公募の結果等についてはこちら】
これまでの主な取組と今後のスケジュール

令和2年4月
  • 水戸市が中核市に移行
    • 連携中枢都市としての要件を満たす
令和3年2月
  • 県央地域首長懇話会
    • 連携中枢都市圏の形成を目指していくことについての合意
2月~11月
  • 県央地域首長懇話会
  • 連携中枢都市圏ビジョン懇談会
    • 連携中枢都市圏形成に向けた協議等
11月
  • 連携中枢都市宣言(水戸市)
12月
  • 各市町村議会に議案提案
    • 「連携中枢都市圏の形成に関する連携協約の締結について」

令和4年1月

  • 連携中枢都市圏ビジョン(素案)に係る意見公募
2月
  • 県央地域首長懇話会
  • 連携中枢都市圏の形成に係る連携協約の締結(水戸市と各市町村)
  • 連携中枢都市圏ビジョンの策定
4月~
  • 連携中枢都市圏ビジョンに基づく施策の展開

いばらき県央地域連携中枢都市圏ビジョン懇談会

 いばらき県央地域連携中枢都市圏ビジョンの策定や連携事業の進捗管理に当たり、産業界、教育機関、金融機関、医療、福祉団体等の代表者や関係者からの意見を聴取するため、いばらき県央地域連携中枢都市圏ビジョン懇談会を開催しています。

開催状況について

令和3年度

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)