水戸市役所の仕事

消防(しょうぼう)

もくじ ※クリックして見てね。

 ・火災を予防(よぼう)する仕事

 ・災害(さいがい)が起きてしまった時の仕事

 ・消防図鑑(しょうぼうずかん) 

 ・消防署の仕事質問(しつもん)コーナー

 ・消防隊員(しょうぼうたいいん)が使う道具

 ・救急隊員(きゅうきゅうたいいん)が使う道具

 ・消防署(しょうぼうしょ)の1日
 

火事を予防(よぼう)する仕事   ※もくじにもどる。

1.消防設備(しょうぼうせつび)に関(かん)すること

イラストイラスト

 新しく建物(たてもの)を建(た)てるときは、もし火事がおきてしまった時、早くみんなに知らせる非常(ひじょう)ベルや逃げる方向を示す誘導灯(ゆうどうとう)のほか、消火器(しょうかき)や天井(てんじょう)についているスプリンクラーなどを正しく取付けてもらうようにしています。

2.立入検査(たちいりけんさ)に関(かん)すること

イラストイラスト

 みなさんが利用(りよう)している建物(たてもの)の消火器(しょうかき)やスプリンクラーなどが正しく設置(せっち)してあって、しっかりと使えるかどうかを検査(けんさ)します。
 そこで、もし悪いところがあれば、直すように指導(しどう)しています。

3.危険物(きけんぶつ)に関(かん)すること

イラストイラスト

 危険物(きけんぶつ)は、火事になると広がるスピードが早く、火を消すことが大変(たいへん)です。
 そのため、ガソリンや灯油(とうゆ)は危険物として、保管(ほかん)の方法などが法律(ほうりつ)で決められています。

 これらの危険物をあつかっているガソリンスタンドや工場などに行って、法律に決められたとおりに安全(あんぜん)に保管して使っているかを確(たし)かめています。

4.消防訓練(しょうぼうくんれん)に関(かん)すること

 みなさんの学校でも、避難訓練(ひなんくんれん)を行っていると思います。
 町内会や学校、会社などに行って、火事などの時に行う、通報(つうほう)・初期消火(しょきしょうか)・避難誘導(ひなんゆうどう)の訓練の指導(しどう)をしています。

 

災害(さいがい)が起きてしまった時の仕事  ※もくじにもどる。

通報(つうほう)を受ける・連絡(れんらく)・指示(しじ)を出す

 市消防本部は、火災や救急の通報を受けて、関係機関(かんけいきかん)に連絡・指示を出します。

火災(かさい)の時の対応(たいおう)

 火災現場(かさいげんば)に向かい、消火活動を行います。
イラスト
  

救急(きゅうきゅう)の時の対応(たいおう)

 消防署(しょうぼうしょ)から救急車(きゅうきゅうしゃ)が出動します。
 急に具合が悪くなったり、大きなけがをしてしまった人を救急車(きゅうきゅうしゃ)にのせ、応急処置(おうきゅうしょち)をしながら病院へ運びます。
 通報内容(つうほうないよう)や場所によって、病院の医師(いし)をのせているドクターヘリやドクターカーと消防車(消防車)が出動して、一緒(いっしょ)に活動します。


消防署と救急車

 
 

消防図鑑(しょうぼうずかん)  ※もくじにもどる。

救急車(きゅうきゅうしゃ)

 救急隊員(きゅうきゅうたいいん)が、病気やけがをした人の救急処置(きゅうきゅうしょち)をしながら病院へ運ぶための車です。
 救急処置や人を運ぶための道具なども積(つ)んでいます。

写真
 

ドクターカー

 病院に運ぶよりも前に、救急現場(きゅうきゅうげんば)でお医者さんの処置(しょち)が必要(ひつよう)な時に、救急現場までお医者さんを乗せて行く救急車(きゅうきゅうしゃ)です。
 写真 ドクターカー内部

指揮隊車(しきたいしゃ)

災害(さいがい)の現場(げんば)に出動しているすべての消防車の指揮をとる車です。
調査(ちょうさ)や広報活動(こうほうかつどう)も行います。

指揮車正面

消防ポンプ自動車

この車は、消火活動の主力となる車で、一般的(いっぱんてき)な火災に多く使われます。
毎分2000リットル以上の水を放水することができます。

写真

救助工作車(きゅうじょこうさくしゃ)

ウインチ、クレーンがついており、火災(かさい)、交通事故(こうつうじこ)、地震(じしん)などの災害(さいがい)時に救助活動(きゅうじょかつどう)を行います。
写真


 

はしご付消防ポンプ自動車

 主に高い建物(たてもの)の火災(かさい)などで、逃(に)げおくれた人の救助(きゅうじょ)や高い所での消火活動を行います。
写真 写真

 

化学消防自動車(かがくしょうぼうじどうしゃ)

石油タンク火災など、水では消せない火災(かさい)に対応します。
消火薬液(しょうかやくえき)300リットルと水1000リットルをつんでいます。

化学車
 

大型水槽車

10,000リットルの水(非常時(ひじょうじ)の飲料水をかねた水)を積(つ)み、
高速道路(こうそくどうろ)での火災(かさい)や、山間部の火災などで活動します。
写真 
 

支援車(しえんしゃ)

大きな災害(さいがい)で長い時間にわたる隊員の活動を助けるための車です。
シャワー、トイレ、キッチンなどがついています。
写真

 

消防署(しょうぼうしょ)の仕事質問(しつもん)コーナー  ※もくじにもどる。

消防車(しょうぼうしゃ)はなぜ赤いの?救急車(きゅうきゅうしゃ)はなぜ白いの?

 道路(どうろ)を通る自動車(じどうしゃ)などのきまり(道路運送車両(どうろうんそうしゃりょう)の保安基準(ほあんきじゅん))で、消防車は朱色(しゅいろ)と決められ、そのたの緊急(きんきゅう)自動車(じどうしゃ)は白色と決められています。
 ふだん、消防車は赤色といわれていますが、実はきまりでは朱色になっています。
 消防車が朱色となった理由(りゆう)ははっきりとはわかっていませんが、朱色が注意をひく色であることや、人に炎の色を思わせ、警戒心(けいかいしん)を持たせることなどが理由とされています。
 なお、救急車は「そのたの緊急自動車」なので白色となっています。

なぜ、消防車(しょうぼうしゃ)が、けが人や病気の人がいる救急現場(きゅうきゅうげんば)に出動するの?

PA(ピーエー)
連携(れんけい)

 救急現場に消防車(Pumper(ポンパ―))と救急車(Ambulance(アンビュランス))が出動し、一緒(いっしょ)に活動をすることがあります。
 このことを、消防車と救急車(きゅうきゅうしゃ)の英語名(えいごめい)のアルファベットの頭文字(かしらもじ)をとって「PA(ピーエー)連携(れんけい)」といいます。
 重症(じゅうしょう)のけが人や病気の人、階段(かいだん)や通路(つうろ)がせまいときなど、救急車まで運び出すことが救急隊員だけでは難(むずか)しい時に出動します。

 

1年間に火災(かさい)出動と救急(きゅうきゅう)出動はどのくらいあるの?

 市内で、平成27年中に発生した火災は83件です
 約4日に1件の火災出動がありました。
 また、救急出動は、年間で13,000件を超えており、1日に平均38件です。 
 

火災(かさい)の主な原因(げんいん)は?

 市内で、平成27年中に発生した火災は83件です
そのうち、放火(疑(うたが)いを含(ふく)むが20件、たき火が13件,こんろが10件、電気関係(でんきかんけい)が8件、たばこが4件、その他(た)が28件となっています。 
 

火事へのそなえには、どのような設備(せつび)があるの?

 大きく分けて警報設備(けいほうせつび)消火設備(しょうかせつび)避難設備(ひなんせつび)の3つの種類(しゅるい)があります

※警報設備・・・火事が発生した時に、いち早く知らせるために火事の熱(ねつ)や煙(けむり)を感知して、受信機(じゅしんき)に表示(ひょう じ)するとともに、ベルなどで警報(けいほう)を発生させます。

※消火設備・・・消防隊(しょうぼうたい)が着く前に、いち早く火を消すための設備です。

※避難設備・・・火事になった建物(たてもの)の中から外に避難するための設備です。階段(かいだん)で避難することができなくなってしまったときに使います。


警報設備の種類(しゅるい)


熱感知器(ねつかんちき)

 火事の熱をいち早く感知して、受信機に表示します。


熱感知器

煙感知器(けむりかんちき)

 火事のときに発生する煙をいち早くキャッチして、受信機に表示します。


煙感知器

受信機(じゅしんき)

 火事の熱や煙をキャッチした感知器がどこの場所でキャッチしたのかを表示して、ベルを鳴(な)らして、火事の場所などを知らせるものです。


受信機

住宅用(じゅうたくよう)火災警報器(かさいけいほうき)

 家の設備として、各家庭で取りつけるように法律(ほうりつ)で決められています。


住宅用火災警報器
 


消火設備(しょうかせつび)の種類(しゅるい)


消火器(しょうかき)

 消火器は、火事を初期(しょき)の段階(だんかい)で消火するものです。


消火器

屋内消火栓設備(おくないしょうかせんせつび)

 屋内消火栓設備は、火事のときに消火器では消せない場合などに使います。
 とびらを開けると、中にはホースが入っています。


屋内消火栓設備

スプリンクラー設備(せつび)

 スプリンクラー設備は、火事の熱を受けて、天井(てんじょう)に取付けてあるヘッドから自動的(じどうてき)に水が出る設備です。


スプリンクラーヘッドのしくみ
火事の熱でヘッドがあぶられると、ヒューズがはずれて水が出ます。

 

避難設備(ひなんせつび)の種類(しゅるい)


避難器具(ひなんきぐ)


 
救助袋(きゅうじょぶくろ)・・・避難する時に窓から降(お)ろして、布(ぬの)でできた袋(ふくろ)の内部をすべりおります。
 

誘導灯(ゆうどうとう)

  火事になると電気がきえてしまい避難(ひなん)する方向がわからなくなってしまいます。
  その場合、誘導灯のあかりをたよりに避難します。



避難口(ひなんぐち)誘導灯(ゆうどうとう)
(ここが出口です。)


通路誘導灯(つうろゆうどうとう)
(矢印(やじるし)の方向に避難(ひなん)すると出口です。)
 

学校の階段(かいだん)にあるとびらは何につかうのかな?

 防火戸(ぼうかど)または防火シャッターといいます。
 火事のときに炎(ほのお)と煙(けむり)が階段やほかの部屋へいかないように閉(し)まるとびらです。





 

消防隊員(しょうぼうたいいん)が使う道具  ※もくじにもどる。

ロープ

 ロープは、人命救助(じんめいきゅうじょ)や物の固定(こてい)など、いろいろな所で活躍(かつやく)します。
 消防隊員は、たくさんの結(むす)び方を訓練(くんれん)しています。


 

3連(れん)はしご

 3段階(だんかい)でのばすことができます。
 建物(たてもの)の3階(かい)まで登ることができます。


 

マット型(がた)空気ジャッキ

 空気を利用して、マットをふくらませ、重い物を持ちあげたり、小さなすき間を広げることができます。
 電車や車も持ちあげることができます。


 

油圧(ゆあつ)スプレッダー

 油を利用して、物を広げるのに使う道具です。
 20トン以上の大きな力を出すことができます。
 交通事故(こうつうじこ)で、開かなくなった車のドアを開けて、とじこめられた人を助け出したりします。


 

削岩機(さくがんき)

岩やコンクリートを壊(こわ)すための道具です。


 

空気呼吸器(くうきこきゅうき)

空気をボンベの中に入れ、煙(けむり)の中や空気のないところで活動するときに、呼吸(こきゅう)をするために必要(ひつよう)な道具です。


 

防火衣(ぼうかい)

火災(かさい)が発生したときに、消防隊員(しょうぼうたいいん)が着る服です。 
この服は、燃(も)えにくい素材(そざい)でできています。


 

放射線防護服(ほうしゃせんぼうごふく)

 放射線災害(ほうしゃせんさいがい)が起きた時に、消防隊員(しょうぼうたいいん)の汚染(おせん)や被爆(ひばく)を防(ふせ)ぐための服です。


 

 

化学防護服(かがくぼうごふく)

 化学物質(かがくぶっしつ)などから消防隊員(しょうぼうたいいん)を守るための服です。


 

画像探索機(がぞうたんさくき)

 先端(せんたん)に小さなカメラやマイクをつけ、崩(くず)れた建物のわずかなすき間から先端(せんたん)を入れて、探索(たんさく)を行うための道具です。


 

地中音響探知機(ちちゅうおんきょうたんちき)

地中などにとじこめられた人からの声や、反応音(はんのうおん)を探知(たんち)するための道具です。


 

熱画像直視装置(ねつがぞうちょくしそうち)

人の熱(ねつ)を感知(かんち)して、人がいる場所を特定(とくてい)する道具です。


 

救急隊員(きゅうきゅうたいいん)が使う道具  ※もくじにもどる。

除細動器(じょさいどうき)

 心臓(しんぞう)が正常(せいじょう)な動きをしていない時に、電気ショックをする機械(きかい)です。


 

担架(たんか)

 けが人や病人を乗せて移動(いどう)するための道具で、背中(せなか)を起こしたり、足を高くしたりいろいろな体勢(たいせい)にできるメインストレッチャー(左上の写真)や、大きな力を受けてケガをした人を動かないように固定(こてい)して運ぶことができるバックボード(左下の写真)などがあります。

 

観察道具(かんさつどうぐ)

 身体の音を聞いたり、血圧(けつあつ)や体温、身体の中の酸素(さんそ)の量(りょう)などを測(はか)り、身体の状態(じょうたい)を確認(かくにん)します。


 

酸素(さんそ)ボンベ

 息をするのがつらい人や、大きなけがをしている人など、酸素が必要(ひつよう)な人にあたえます。


 

救急車(きゅうきゅうしゃ)の内部

   病院にある機械(きかい)と同じで、心電図(しんでんず)モニターや人工呼吸器(じんこうこきゅうき)を装備(そうび)しています。
 けが人や傷病者(しょうびょうしゃ)をのせるストレッチャーのゆれを少なくする防振台(ぼうしんだい)もついています。

 
 

救急隊員(きゅうきゅうたいいん)

 救急現場(きゅうきゅうげんば)に救急隊員が着ていく服装(ふくそう)です。
 感染防護衣(かんせんぼうごい)、ヘルメット、マスク、ゴーグル、手袋(てぶくろ)などで感染(かんせん)から身をまもります。
 


 

消防署(しょうぼうしょ)の1日  ※もくじにもどる。

 消防士(しょうぼうし)は、朝、消防署に行き、8時30分から仕事を始めると、次の日の朝8時30分まで24時間交代(こうたい)で働(はたら)いています。

消防署(しょうぼうしょ)の一日

8:30 ~
12:00
12:00~
13:00
13:00~
17:15
17:15~
18:45
18:45 ~
22:00
22:00 ~
6:00
6:00~
8:30
引きつぎ、消防車(しょうぼうしゃ)の点けん・手入れ 休けい 訓練(くんれん)、
調査(ちょうさ)
休けい 事務(じむ)

交代で休けい
(活動服(かつどうふく)のままベッドで休む)

事務

 

消防署(しょうぼうしょ)の人たちの交代勤務(こうたいきんむ)

1日目 2日目 3日目
時間 8:30~ 8:30~ 8:30~
Aさん 勤務 休み 勤務
Bさん 休み 勤務 休み

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日