水戸市役所の仕事

下水道

下水道ってなんだろう

1

 トイレ、台所、洗たく、お風呂(ふろ)など、私たちの生活に水は欠(か)かせません。
 では、使った水はどうなるのでしょうか。

 水道水を「上水(じょうすい)」と呼(よ)ぶのに対して、使って汚(よご)れた水は「下水(げすい)」と呼(よ)びます。
 もし、下水をその辺(へん)に捨てたり、そのまま川や海に流すと、まちが汚れて害虫(がいちゅう)や伝染病(でんせんびょう)が発生したり、川や海に住む生き物が生きられなくたったりと、いろいろな問題がおこります。
 そうならないように、汚れた水をきれいにするのが「下水道」です。

下水道の役わり

 下水道はおもに、「下水道管(げすいどうかん)」と「下水処理場(げすいしょりじょう)」でできています。
 下水道管は、道路(どうろ)などの下にうまっていて、家庭のトイレや台所などから出ている排水管(はいすいかん)とつながっています。
 下水は、下水道管を通って下水処理場に入り、きれいにする処理(しょり)をしたあとに、川や海に流しています。
 このように、下水道はきれいな環境(かんきょう)を守(まもる)る大切な役わりをはたしています。
 また、大雨がふるとまちなかなどでは、地面がほそうされているので、雨がしみこまずにたまってしまいます。たくさんたまってしまうと、家の中まで水が入ってきてしまうこともあります。それを防(ふせ)ぐため、雨水を雨水用の下水道管に集めて、川や海に流すのも下水道の役わりになります。

まとめ~下水道が必要(ひつよう)な理由(りゆう)

下水道はなぜ必要(ひつよう)なのかには、次の3つの理由(りゆう)があります。
 ・清けつで、快適(かいてき)な生活を守(まも)るため
 ・きれいな川や海の水を守(まも)るため
 ・雨による浸水(しんすい)を防ぐため
234

 下水処理(げすいしょり)の方法(ほうほう)

微生物(びせいぶつ)

 下水をきれいにする処理(しょり)は、下水処理場(げすいしょりじょう)で行われます。
 市の下水処理場は、3つあります。
 その1つである「水戸市浄化(じょうか)センター」の処理方法について紹介(しょうかい)します。
 下水処理場は、大きく分けて5つの部屋にわかれていて、すべての部屋を通すことで下水の汚(よご)れを落としています。

 下水処理場に入った下水は、最初(さいしょ)の部屋に入ると、大きなごみや砂(すな)をしずめていきます。大きな網(あみ)のようなものがあり、水や小さなごみしか通さないようになっています。

 2番目の部屋ではゆっくりした流れがあり、最初の部屋で取れなかった汚れをしずめています。
 
そして3番目の部屋でいよいよ汚れた水をきれいにしていきます。水の汚れは、実は「微生物(びせいぶつ)」に食べてもらっています。微生物はクマムシやアメーバなどを使っていて、汚れの原因(げんいん)である細菌(さいきん)などを食べてくれます。
 
 4番目の部屋では、細菌などをたくさん食べて太った微生物が重くなってしずんでいきます。するとさらにきれいな水になります。しずんだ微生物は3番目の部屋に送られて、また汚れを食べてくれます。
 
最後(さいご)の部屋で消毒(しょうどく)をして、ようやくきれいになった水が川や海に戻ります。

5

下水道に流してはいけないものって?

6

 下水道には何でも流せるわけではありません。流せないものにはおもに次のようなものがあります。
 ・水に溶(と)けない紙(ティッシュペーパー・新聞紙など)
 ・油類(あぶらるい)
 ・固形物(こけいぶつ)(野菜(やさい)くずなど)
 ・薬品類(やくひんるい)
 ・ガソリン・アルコール類
 ・熱湯(ねっとう)
 もし、こういったものを下水道に流してしまうと、下水道管(げいすいどうかん)がつまったり、壊(こわ)れたりして、下水が流れなくなってしまう場合があります。
 自分だけでなく、その下水道を使っている、ほかの家の人にも迷惑(めいわく)をかけることになるので、絶対(ぜったい)にに流さないようにしましょう。


 

発見!みとちゃんマンホール

8

 下水道管と下水道管をつなぐマンホール。
  そのマンホールのふたの絵がらに、水戸市のマスコットキャラクター「みとちゃん」が描(えが)かれたものが登場したよ。
  どこにあるかな?いくつあるかな?みんなも探(さが)してみよう!
 

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日