水戸市役所の仕事

ごみの処理(しょり)

ごみ処理(しょり)の流れ

 私たちが分けて出したごみは、「資源物(しげんぶつ)としてリサイクルされ、再(ふたた)び私たちのもとにもどってくるもの」と、「燃(も)やしたり細かくくだいたりして埋(う)め立てするもの」の2つに分かれます。

イラスト



イラスト

 ※水戸市では、地区(ちく)を3つに分けてごみを処理(しょり)しています。

  • 旧常澄地区(きゅうつねずみちく)(稲荷第一(いなりだいいち)、稲荷第二(いなりだいに)、下大野、大場小学校区)内のごみは、大洗、鉾田、水戸環境組合(おおあらい、ほこた、みとかんきょうくみあい)(大洗町(おおあらいまち))の施設(しせつ)で処理しています。
  • 旧内原地区(きゅううちはらちく)(妻里(つまさと)、鯉淵(こいぶち)、内原小学校区)内のごみは、笠間・水戸環境組合(かさま・みとかんきょうくみあい)(笠間市(かさまし))の施設(しせつ)で処理(しょり)しています。
  • 旧水戸地区(きゅうみとちく)(上記の小学校区以外)内のごみは、小吹清掃工場(こぶきせいそうこうじょう)で処理しています。

清掃工場(せいそうこうじょう)のしくみ

 清掃工場(せいそうこうじょう)では、集(あつ)められた生ごみや紙くず、プラスチックなどのもえるごみを燃(も)やすことによって衛生的(えいせいてき)に処理(しょり)し、ごみの量(りょう)を少なくしています。
 そして、ごみを燃やすことによって発生する熱(ねつ)を有効(ゆうこう)に利用したり、ごみのにおいや煙(けむり)で公害(こうがい)がおきないようにしています。

イラスト

 最終処分場(さいしゅうしょぶんじょう)では、清掃工場(せいそうこうじょう)で燃(も)やした後に残(のこ)る灰(はい)を埋(う)め立てしています。

イラスト

リサイクル

 みなさんの家庭(かてい)で、分別(ぶんべつ)された資源物(しげんぶつ)は、リサイクルされて新しく生まれ変わり、商品となって私たちのもとへもどってきます。

イラスト

 

家庭ごみの分け方・出し方(水戸・常澄(つねずみ)地区)

1.燃(も)えるごみ ※収集日(しゅうしゅうび)に、指定された時間までに出してください。

 生ごみ、ビニール類(るい)、紙くず、皮類、プラスチック類、布団(ふとん)類、草・枝(えだ)など

 【出し方】
 ●市の指定する黄色の燃えるごみ収集袋(しゅうしゅうぶくろ)に入れて集積所(しゅうせきじょ)に出してください。

 ●袋(ふくろ)に入らない大きさでおおむね1m×50cm×50cm以内のものは、1つにつき1枚、黄色の燃えるごみ処理券(しょりけん)を見やすい所に貼って集積所に出してください。
 ※透明(とうめい)な袋やダンボールなどにごみを入れて、ごみ処理券をはって集積所に出すことはできません。

イラスト  イラストイラスト

2.燃(も)えないごみ  ※収集日(しゅうしゅうび)に、指定された時間までに出してください。

 せと物、ガラス類、金属類(きんぞくるい)、電球など

 【出し方】
 ●市の指定する水色の燃えないごみ収集袋(しゅうしゅうぶくろ)に入れて集積所(しゅうせきじょ)に出してください。
 
 ●袋(ふくろ)に入らない大きさでおおむね1m×50cm×50cm以内のものは、1つにつき1枚、水色の燃えないごみ処理券(しょりけん)を見やすい所に貼って集積所に出してください。
  ※おもちゃなど、乾電池(かんでんち)が入っているものについては、必ず乾電池を取り外してから集積所に出してください。

イラスト  イラストイラスト

3.資源物(しげんぶつ) ※収集日に、午前8時までに出してください。

(1)新聞紙、ダンボール、紙パック、その他の紙類(かみるい)

 【出し方】
 新聞紙、ダンボール、紙パック、その他の紙類にそれぞれ分け、箱(はこ)や袋(ふくろ)などには入れず、そのまま「ひも」で十字にしばって、集積所に出してください。
 ガムテープなどは使用しないでください。

イラスト  イラスト  イラスト

新聞紙 広告紙(こうこくし)は、その他の紙類といっしょに出す。
ダンボール 1m以内の大きさにたたんでからひもで十字にしばって出す。
※1枚でもしばってください。
紙パック 1.中を洗(あら)って切り開く
2.乾(かわ)かす
3.20枚程度にまとめて、ひもで十字にしばって出す。
※雨の日には出せません
※アルミ箔(はく)のはってあるもの、キャップや口金がついているものは燃(も)えるごみへ
その他の紙類 雑誌(ざっし)・書籍(しょせき)・広告紙・ボール紙、紙袋(かみぶくろ)、ノート、パンフレットなど
※小さな紙類は、ばらばらにならように、雑誌などの間にはさむなどをして出す。

 【資源物(しげんぶつ)として出せないもの】
 カーボン紙、感熱紙(かんねつし)、ティッシュペーパー、ビニールなどがコーティングされた紙、紙以外に金具(かなぐ)・プラスチックなどの付属品(ふぞくひん)がついているもの(金具は燃(も)えないごみへ)、クレヨン・絵の具・ペンキなどが塗(ぬ)ってあるもの、油脂類(ゆしるい)のしみたもの、汚(よご)れのひどいもの、卵(たまご)ケース、シュレッダーにかけたものは燃えるごみへ

(2)びん・缶類(かんるい)

イラスト

 飲み物、食べ物が入っていたもの(お菓子(かし)の缶(かん)、缶詰(かんづめ)の缶・ペットフードの缶などもふくむ)です。
 ※びんは、一升(いっしょう)びんをふくみ、それより小さいもの、 缶は、一斗缶(いっとかん)をふくまず、それより小さいものです。

 【出し方】
 1. キャップを取って軽く水で洗(あら)って、中身を空にしてください(プラスチック製(せい)のキャップ→燃(も)えるごみ、金属製(きんぞくせい)のキャップ→燃えないごみ)
 2. びん・缶はいっしょに無色透明(むしょくとうめい)なポリ袋(ぶくろ)に入れて、集積所に出してください。
 ※びん・缶の中には、絶対にごみなどを入れないでください。

 【資源物(しげんぶつ)として収集できないもの】
 化粧品(けしょうひん)や薬品が入っていたもの、カセットボンベ、スプレー缶(かん)は燃えないごみへ
 ※カセットボンベ、スプレー缶は、中身を使いきり、穴をあけてください(火気に注意(ちゅうい)して外で行ってください)。

(3)布類(ぬのるい)

 布地(ぬのじ)で、木綿(もめん)、絹(きぬ)、麻(あさ)、ウールなどが素材(そざい)のもの、ポリエステルなどが混(ま)ざっているものです。
 ※例(たと)えば、ワイシャツ、ブラウス、スーツ、ジーンズ、着物、シーツなどです。

イラスト

 【出し方】
 箱(はこ)や袋(ふくろ)などに入れず、そのまま、ひもで十字にしばってください。
 ガムテープなどは使用しないでください。
 ※雨の日には出せません。
 ※ボタン、チャックはつけたまま出してください。
 ※1枚でもしばってください。

 【資源物(しげんぶつ)として収集(しゅうしゅう)できないもの】
 布団(ふとん)、毛布(もうふ)、セーター、靴(くつ)した、わたなどが入った衣類(いるい)、化学繊維(かがくせんい)100パーセントの衣類、皮・ビニール製(せい)の衣類、ネクタイ、カーテン、じゅうたん、カーペット、クッション、その他、汚(よご)れがひどいものは燃(も)えるごみへ

4.ペットボトル

 飲料類(るい)、しょうゆ、酒類、めんつゆ、酢(す)などが入っていたペットボトルです。

 【出し方】
 ※ペットボトルは、一般集積所での資源物回収(しげんぶつかいしゅう)には出せません。
 ※ペットボトルには、絶対(ぜったい)にごみなどを入れないでください。

キャップ、ラベルをはずす 中を水で洗(あら)い、つぶす スーパーや一部の市民センターにある
回収容器(かいしゅうようき)に入れる

イラスト
キャップ
金属性(きんぞくせい)→燃(も)えないごみ
プラスチック製(せい)→燃えるごみ
ラベル→燃えるごみ

イラストイラスト

イラスト
ペットボトル以外(いがい)の
ものは入れないでください。

 

5.乾電池(かんでんち)(ボタン電池をふくむ)

 【出し方】
 1.無色透明(むしょくとうめい)なポリ袋(ぶくろ)に入れてください。
 2.燃(も)えないごみと同じ日時に、集積所(しゅうせきじょ)に出してください。
 ※燃えないごみとは別にして出してください。
 ※出張所(しゅっちょうじょ)、各市民センターには、専用(せんよう)の回収箱(かいしゅうばこ)があります。

 

家庭ごみの分け方・出し方(内原地区)

※不燃物(ふねんぶつ)コンテナ(緑色)と資源物(しげんぶつ)コンテナ(白色)は、内原出張所で購入(こうにゅう)してください。
※集積所(しゅうせきじょ)に出す時は、収集日に、朝8時までに出してください。

1.燃(も)えるごみ

 生ごみ、皮革製品(ひかくせいひん)、ゴム製品、木の枝(えだ)、プラスチック類(るい)、紙くずなど

 【出し方】
 志の指定する黄色の燃えるごみ収集袋に入れて出してください。
 指定袋に入らないものは、粗大(そだい)ごみとなります。
 ※金属部分は取り除(のぞ)いてください

2.燃(も)えないごみ

イラスト

 刃物類(はものるい)、せともの類、コップ、鏡(かがみ)、ガラス類、化粧品(けしょうひん)などのびん、傘など

 【出し方】
 不燃物(ふねんぶつ)コンテナ(緑色)に入れ、青色の不燃(ふねん)ごみ処理券(しょりけん)を持ち手の部分に貼(は)り付けて、収集日の午前8時までに出してください。
 ※一辺(いっぺん)の長さが50cm以上(いじょう)のものやコンテナに入らないものは粗大(そだい)ごみになります。
 ※処理券1枚の利用範囲(りようはんい)は、コンテナからこぼれない程度(ていど)で約10kg以内(いない)です。

3.資源物(しげんぶつ)1(一般集積所回収(いっぱんしゅうせきじょかいしゅう))

 缶(かん)、びん(ジュース、缶詰(かんづめ)、調味料(ちょうみりょう)、栄養(えいよう)ドリンクなど)

 【出し方】
 1.中身を空にして、水で洗(あら)う。
 2.キャップははずして、資源物コンテナ(白色)に缶・びんをいっしょに入れて出す。
 ※金属製(きんぞくせい)キャップ→不燃(ふねん)ごみ
 ※プラスチック製キャップ→可燃(かねん)ごみ 
 ※油の入っていた缶やびんは、不燃ごみに出してください。
 ※缶・びんには、絶対(ぜったい)にごみなどを入れないでください。

4.資源物(しげんぶつ)2(一般集積所回収(いっぱんしゅうせきじょかいしゅう))

イラスト

 ペットボトル(ジュース、しょう油・調味料などのPET(ペット)マークがあるもの)
 ※PETマーク以外は、可燃(かねん)ごみになります。
 ※ペットボトルには、絶対(ぜったい)にごみなどを入れないでください。

キャップ、ラベルをはずす 中身を空にして水で洗(あら)う 資源物コンテナ(白色)に入れて出す。

 イラスト
キャップ
 金属製(きんぞくせい)
→ 不燃(ふねん)ごみ
 
プラスチック製
→ 可燃(かねん)ごみ

ラベル→ 可燃ごみ
 

イラスト イラスト

イラスト
ペットボトル以外(いがい)の
ものは入れないでください。

5.資源物(しげんぶつ)3(一般集積所回収)

 ※雨天時は、できるだけ出さないようにしてください。

 (1)ダンボール、雑誌(ざっし)、チラシ、新聞紙、牛乳(ぎゅうにゅう)パック

  • ダンボール、新聞、雑誌(チラシ)、牛乳パックは種類(しゅるい)ごとにひもで、十字にしばり、資源物コンテナ(白色)に入れて出してください。
  • コンテナに入らない場合は、しばったものを集積所(しゅうせきじょ)に整理しておいてください(ダンボール、新聞、雑誌など)。
  • ダンボールは縦(たて)80センチ×横(よこ)60センチ以内(いない)に、雑誌は高さ30センチ以内にひもで、十字にしばって出してください。
  • 牛乳パックは、開いて水で洗(あら)い、乾(かわ)かしてください。

 (2)発泡(はっぽう)トレイ、衣類(いるい)、スプレー缶(かん)

  • 発泡トレイ、衣類、スプレー缶は、種類(しゅるい)ごとに袋(ふくろ)に入れ、中身が分かるようにして、資源物(しげんぶつ)コンテナ(白色)に入れて出してください。
  • 袋の口は必ずしばってください。
  • 発泡トレイは水で洗(あら)い、乾かしてください。
  • スプレー缶は、中身を使い切り、必ず穴を開けてください(火気に注意(ちゅうい)して外で行ってください)。

イラスト

6.有害(ゆうがい)ごみ

イラスト

 乾電池(かんでんち)、蛍光管(けいこうかん)、水銀体温計(すいぎんたいおんけい)など

 【出し方】
 資源物(しげんぶつ)コンテナ(白色)に入れ、資源物3と同じ収集日(しゅうしゅうび)に出してください

蛍光管 購入時(こうにゅうじ)のケースなどに入れてひもでしばる。
乾電池、水銀体温計 種類ごとに袋に入れ、「乾電池」「体温計」とそれぞれ袋(ふくろ)に書くなど、中身がわかるようにする。

※ニカド電池(CDプレーヤー、カメラ、ビデオカメラ用)や充電式電池(じゅうでんしきでんち)は、リサイクル協力店または販売店(はんばいてん)で引き取ってもらってください。

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日