くらしの情報

図書館に行ってみよう!

図書館の役わり

イラスト

 みなさんは、どういったときに図書館を使いますか?
 図書館というと、まず思いうかぶのが本を借(か)りることでしょう。

 本の貸出(かしだし)は、図書館の大切な仕事の一つですが、それだけではありません。

 図書館のもっとも大きな役わりは、図書館を利用するみなさんに「情報(じょうほう)を提供(ていきょう)する」ことです。  
 必要(ひつよう)な情報に、すばやく、確実(かくじつ)にたどり着けるようにお手つだいをすることも図書館員の仕事です。

 情報とは本のことだけではありません。図書館にあるCD・DVDや、新聞・雑誌(ざっし)も含(ふく)みます。図書館では、それらの資料を使って、調べ物や質問に回答することも行っています。
 さらに、本や新聞・雑誌などの資料をきちんと分類して、管理、保存しています。
 読みたい本が見つからないとき、知りたいことがあるとき、宿題で調べものをするときなどは、図書館員に聞いてください。

市立図書館

 市立図書館は、市内に6館あります。

名称 場所 電話番号
中央図書館 大町3丁目(市立博物館と同じ建物) 029-226-3951
東部図書館 元吉田町(市立第四中学校の西どなり) 029-248-4051
西部図書館 堀町(ほりちょう)(市立石川中学校の西どなり) 029-255-5651
見和図書館 見和2丁目(見和郵便局・見和市民センター近く) 029-350-2051
常澄(つねずみ)図書館 大串町(おおくしちょう)(常澄出張所と同じ建物) 029-269-1751
内原図書館 内原町(内原リリー幼稚園の東どなり、内原小学校、内原中学校近く) 029-291-6451

 中央図書館 東部図書館 西部図書館
【中央図書館】               【東部図書館】                     【西部図書館】

見和図書館 常澄図書館 内原図書館
【見和図書館】                        【常澄図書館】                【内原図書館】

 

図書館の使いかた

 図書館は、だれでも使えます。
 利用カードを作らなくても、館内で本を読んだり、宿題の調べものをしたり、行事(おはなし会や映画会(えいがかい)など)に参加したりすることができます。
 本などを借りるには、利用カードが必要(ひつよう)です。
 市立図書館では、市民のほか、水戸市の周りの市や町に住んでいたり、水戸市に通勤通学している人にも利用カードを発行しています。
 ※利用カードの発行には身分証明書が必要です。利用カードは、どの市立図書館でも使うことができます。

 貸りることができる数 

 図書・雑誌(ざっし)…10点まで CD・DVDと紙しばい…合計5点まで

 貸出期限

 15日以内
 ※返すのは、どの市立図書館でも大丈夫です。

利用時間(休館日はのぞく)


  午前9:30~午後8:00
 

休館日

 月曜日…東部図書館、西部図書館
 金曜日…中央図書館、見和図書館、常澄(つねずみ)図書館、内原図書館
 第1木曜日(11月をのぞく)
 年末年始

 詳しい利用案内や開館日カレンダーは、水戸市立図書館のホームページにのせているほか、各館カウンターでも配っています。

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日