くらしの情報

交通ルールを守ろう

人は右、車は左、自転車は車の仲間(なかま)

 人は歩道などがない場合、右側(みぎがわ)を歩かなくてはいけません。
 自転車は、車の仲間(なかま)になるので左側(ひだりがわ)を走ります。
 

道路(どうろ)を歩く時は?

 歩道があれば歩道を歩きます。
 その時は車から一番離(はな)れた建物側(たてものがわ)を歩くようにしましょう。
 

道路(どうろ)をわたる時は?

イラスト

 安全確認(あんぜんかくにん)(右・左・右)をしましょう。
 
 横断歩道(おうだんほどう)を使います。 ないときはまっすぐわたりましょう。
 ななめ横断は、道路(どうろ)にいる時間が長くなり危(あぶ)ないのでしてはいけません。
 ※青信号でも車が来る場合があるので、必(かなら)ず安全確認をしましょう。

 

車の周(まわ)りでは遊(あそ)ばない

イラスト

 車の周りは死角(見えない所)が多いので、車の周りでは遊ばないようにしましょう。
 駐車場(ちゅうしゃじょう)での事故(じこ)も多いので、スーパーなどの駐車場はもちろん、
 家の駐車場でも遊ばないようにしましょう。
 

交通安全「と ま と」

【と】・・・止まる
 必(かなら)ず止まったら安全確認をして、周(まわ)りの状況(じょうきょう)を確認(かくにん)しましょう。
【ま】・・・待つ
 安全確認をして遠くに車が見えたら、
 「今だったらわたれちゃうから、行ってしまえ!!」ということがないように、車が通りすぎるのを待ちましょう。
【と】・・・飛(と)び出さない
 子どもの事故(じこ)の大半が飛び出しによるものです。
 あせらず、きちんと安全確認をして道路(どうろ)をわたりましょう。
 

自転車の乗り方

自転車は車道を走ろう、歩道は例外(れいがい)

自転車

 自転車で歩道を走ってはいけません。
 
 ただし、自転車と歩行者用の標識(ひょうしき)があるところ、歩道を通らないと危(あぶ)ない場合、13歳(さい)未満(みまん)70歳(さい)以上(いじょう)の人は、歩道を走ることができます。

車道は左がわを走ろう

自転車は車の仲間(なかま)になるので、左がわを走らなくてはいけません。
 

歩道は歩行者優先(ゆうせん)で、自転車は車道寄りをゆっくり進もう

イラスト

 歩道はもともと歩く人の道です。
 人に優(やさ)しい自転車の運転を心がけましょう。
 そして、いつでも止まれる速さで走らなくてはいけません。場合によっては自転車を降(お)りましょう。
 

安全ルールを守って自転車に乗ろう

 2人乗り、並進(へいしん)(ならんで運転すること)は、禁止(きんし)されています。
 夜間はライトをつけましょう。
 交差点(こうさてん)では、信号を守って安全確認(あんぜんかくにん)しましょう。
 ※自転車の場合、右・左・右に加(くわ)え、右後ろも確認(かくにん)しなくてはいけません。
 

子どもはヘルメットをかぶる

イラスト

 ヘルメットは、転んだ時や、ぶつかった時などに頭を守ってくれるので、正しくかぶりましょう。
 

自転車の点検方法(てんけんほうほう)

 簡単(かんたん)にできる点検方法があるので、家の人と確認(かくにん)してみましょう。
 「ブタハシャベル」
 【ブ】・・・・ブレーキ
 【タ】・・・・タイヤ
 【ハ】・・・・ハンドル
 【シャ】・・・車体(サドル・チェーン・ライト・反射材(はんしゃざい)など)
 【ベル】・・・・ベル
 ※自分の体に合った自転車に乗りましょう。スタンドをはずして、自転車に乗り、サドルにおしりをのせます。この時に両足のつま先が地面につくようにサドルの高さを合わせます。

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日