くらしの情報

地震(じしん)や災害(さいがい)のとき

地震(じしん)が発生したらどうするの?

まずは自分の身を守る

身を守る

 机(つくえ)やテーブルなどの下にもぐったり、ざぶとんなどで頭を守ったりするなど、おちついて、自分の身を守りましょう。
 また、危険(きけん)なところからはなれましょう。
 

危険(きけん)なところはどこ?

 大きな家具(かぐ)のまわり、窓(まど)ガラスの近く、
 自分の背(せ)より高い塀(へい)、上部に落下しそうなものがある場所など。

火の元を確認(かくにん)する

 ゆれがおさまったら、火の元を確認しましょう。
 火が出ていたら、近くにいる人に大声で知らせて、119番に電話しましょう。

足元に注意

 家の中で動くときはスリッパをはき、外へ避難(ひなん)するときはくつをはきましょう。

隣近所(となりきんじょ)の方と声をかけあう

 隣近所の方と「けがはない?」、「だいじょうぶ?」などと声をかけあい、
 みんなで助け合いましょう。

避難(ひなん)のときの「おかしもち」の約束(やくそく)

身を守る

 避難するときは、「おかしもち(おさない・かけない・しゃべらない・もどらない・ちかづかない)」の約束を守って、
 まわりの大人の言うことをよく聞きましょう。

 

 

 

 


 

大雨が降(ふ)ったらどうするの?

雨

 大雨が降った時に備(そな)えて、ふだんから、身の周(まわ)りの危険(きけん)な場所を確認(かくにん)したり、避難(ひなん)について考えておきましょう。
 

早めに家に帰る

 黒い雲が近づいてきたり、急に冷たい風が吹(ふ)いてきたら、大雨が降ってくるかもしれません。
 外にいるときは、早めに家に帰りましょう。

防災情報(ぼうさいじょうほう)を確認(かくにん)する

 雨が強くなってきたら、テレビやラジオ、ホームページなどで、最新(さいしん)の気象情報(きしょうじょうほう)、防災情報(ぼうさいじょうほう)を確認(かくにん)しましょう。

避難するときは

 避難するときは、ひもでしめられる運動ぐつをはきましょう。
 家から避難所(ひなんじょ)へ移動する間は、足元に注意して、安全を確認しながら歩きましょう。
 ※避難所へ避難できない場合は、家の2階(かい)など、浸水(しんすい)やがけくずれの影響(えいきょう)を受けない、少しでも安全な場所へ移動(いどう)しましょう。

どこに避難(ひなん)したらいいの?

身を守る

 家が危険(きけん)な状態(じょうたい)で、生活ができないときには、避難所(ひなんじょ)へ避難しましょう。
 避難所は、近くの市民センター、市立小学校・中学校です。

 各避難所には、食べ物、飲み水、毛布、簡易(かんい)トイレなどが備(そな)えてあります。
 日ごろから、避難所の場所や避難する道を確認(かくにん)しておきましょう。
 避難所での生活では、みんなで協力しあい、手伝えることは自分から進んでやりましょう。

危険(きけん)な場所を確認(かくにん)しましょう

 災害(さいがい)が起(お)きたときに、自分の身のまわりで危険な場所がないか、確認しておきましょう。 
 家のまわりや学校のまわり、通学路には、水があふれたり、塀がこわれたり、看板が落ちてきたりするなど、いろいろな危険があります。
 その危険をさけるためにどうするか、家族や友だちと話しあってみましょう。

災害情報(さいがいじょうほう)を知るためにはどうするの?

身を守る

 災害時(さいがいじ)には、正確(せいかく)な情報(じょうほう)をいち早く知ることが大事です。
 災害情報は、いろいろな方法で知ることができます。

  • テレビ
     
  • ラジオ
    ※FMぱるるん76.2MHz(メガヘルツ)にチャンネルを合わせると、被害状況(ひがいじょうきょう)、避難所(ひなんじょ)や給水所(きゅうすいじょ)などの情報がわかります。
     
  • 水戸市ホームページ
     
  • 緊急速報(きんきゅうそくほう)メール(携帯(けいたい)電話のメール)
    市内にいる人には、緊急(きんきゅう)のとき、避難(ひなん)するとき、携帯電話に自動的に知らせてくれます。
     
  • ツイッター
    (アカウント/kouhou_mito)
     
  • フェイスブック
    http://www.facebook.com/mimika310
     
  • LINE
    (ID/@mitocity)
     
  • メールマガジン 
    事前に登録(とうろく)してください。
    http://www.city.mito.lg.jpにアクセス→
    「メールマガジン」をクリック→
    「メールマガジン配信申込み」をクリック→
    「災害情報」にチェック→
    自分のメールアドレスを入力→
    「送信」をクリック→確認(かくにん)メールが送信されます。 
     

災害用伝言ダイヤル

 災害が起(お)きたときの家族との連絡方法(れんらくほうほう)も確認しておきましょう。
 連絡方法として、災害用(さいがいよう)伝言(でんごん)ダイヤル171が利用できます。

 災害時伝言ダイヤル

災害(さいがい)に備(そな)えて用意するもの

すぐに持ち出すもの(リュックサックなどに入れすぐに持ち出すもの)

 ・飲み水
 ・非常食(ひじょうしょく)
 ・懐中電灯(かいちゅでんとう)
 ・ふだんから飲んでいる薬
 ・ラジオ
 ・服
 ・貴重品(きちょうひん)(お金、通帳など) など

家で備(そな)えておくもの

備えておくもの

 ・飲み水(1人1日3リットルを目安に)
 ・非常食(3食3日分を目安に)
 ・簡易(かんい)トイレ
 ・トイレットペーパー
 ・ろうそく
 ・ライター
 ・ポリ袋(ぶくろ)
 ・軍手(ぐんて)
 ・缶切り(かんきり)
 ・携帯(けいたい)コンロ
 ・ラップ
 ・ガムテープ
 ・ロープ
 ・ウェットティッシュ など
※用意するものを家族みんなで話しあいましょう!
 

身近なもので作れる簡易(かんい)たんか

 災害時(さいがいじ)には、身近なものを活用して工夫(くふう)することが大切です。
 その一つの例(れい)が、簡易たんかの作成です。
 毛布(もうふ)と棒(ぼう)(ものほしざおなど)で作ることができます。

担架
 

ハザードマップ

 ハザードマップとは、災害(さいがい)の被害(ひがい)が予想(よそう)される区域(くいき)を表した地図です。
 水戸市では、洪水(こうずい)、津波(つなみ)、土砂災害(どしゃさいがい)のハザードマップを作成しています。

 


 みなさんが住んでいる地域での危険(きけん)な場所をハザードマップで確認(かくにん)し、日ごろから災害に備(そなえ)えましょう。

水戸市洪水(こうずい)ハザードマップ(北地区版南地区版

 河川のはん濫(らん)が予想(よそう)される場合や、実際(じっさい)にはん濫した場合に、市民のみなさんが避難(ひなん)する際に役立ててもらうために作成したものです。身を守る

 那珂川(なかがわ)・藤井川(ふじいがわ)・桜川(さくらがわ)・涸沼川(ひぬまがわ)が大雨によって増水(ぞうすい)し、堤防(ていぼう)がこわれた場合の浸水想定区域(しんすいそうていくいき)がわかります。

 水戸市津波(つなみ)ハザードマップ 
 津波災害時(つなみさいがいじ)に、予想(よそう)される浸水(しんすい)や避難情報(ひなんじょうほう)などがわかります。

 

 

・水戸市土砂災害(どしゃさいがい)ハザードマップ

 大雨や地震(じしん)の時、がけ崩(くず)れが発生するおそれがある警戒区域(けいかいくいき)がわかります。 
 ・土砂災害ハザードマップ1(飯富地区)
 ・土砂災害ハザードマップ2(飯富地区)
 ・土砂災害ハザードマップ3(渡里、常磐地区)
 ・土砂災害ハザードマップ4(三の丸、五軒、新荘地区)
 ・土砂災害ハザードマップ5(千波、浜田地区)
 ・土砂災害ハザードマップ6(緑岡地区)
 ・土砂災害ハザードマップ7(稲荷第一、下大野地区)
 ・土砂災害ハザードマップ8(大場地区)

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日