水戸市内の文化・観光施設(かんこうしせつ)など

弘道館(こうどうかん)

 
 弘道館は、水戸藩(みとはん)の第9代藩主(はんしゅ) 徳川斉昭(とくがわなりあき)公によりつくられた、水戸藩の藩校(はんこう)※です。
 当時、弘道館へ入学できる年齢(ねんれい)は、15歳からで、学問から武芸(ぶげい)までさまざまな科目が教えられていました。
明治5年(1872年)に弘道館は閉鎖(へいさ)され、現在、国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)に指定されているほか、平成27年度(2015年)には、日本遺産に認定されました。 

 ※藩校(はんこう)とは、江戸時代に、それぞれの藩(はん)が、その藩に仕える藩士(はんし)とその子弟を教育(きょういく)するためにつくった学校です。 

 ※弘道館のホームページはこちら

場所 〒310-0011 水戸市三の丸(さんのまる)1-6-29 
開館時間 2月20日~9月30日・・・午前9時~午後5時
10月1日~2月19日・・・午前9時~午後4時30分
休館日 年末(12月29日~12月31日)
入館料 ・大人・・・200円
・小人・・・100円
※大人・・・中学生をのぞく、年齢(ねんれい)が15歳(さい)以上(いじょう)の方、小人・・・小学生と中学生。
電話 029-231-4725(弘道館事務所(こうどうかんじむしょ))













弘道館1  弘道館2

弘道館3

 

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日