水戸市を知ろう

水戸市の歴史(れきし)

地名の由来(ゆらい)

 昔(むかし)から海や川の水の出入口を「みと」または「みなと」といい、那珂川(なかがわ)と桜川(さくらがわ)・千波湖(せんばこ)の間につき出た台地から「みと」と呼(よ)ばれました。

 

水戸周辺(しゅうへん)で人々が生活を始めたのは?

 水戸周辺(しゅうへん)で人々が生活を始めたのは、 今からおよそ3万年前の先土器時代(せんどきじだい)と考えられます。
 その時代の遺跡(いせき)として十万原遺跡(じゅうまんぱらいせき)などがあります。

 

縄文時代(じょうもんじだい)イラスト~弥生時代(やよいじだい)の遺跡

 縄文時代の遺跡(いせき)としては、馬場尻遺跡(ばばじりいせき)や大串貝塚(おおくしかいづか)など、数か所の遺跡や貝塚があります。
 
 弥生時代に入ると、稲作(いなさく)が発展(はってん)した当時の遺跡として、大塚新地遺跡(おおつかあらじいせき)などが発見されています。
 

 

  

古墳時代(こふんじだい)~飛鳥時代(あすかじだい)の古墳(こふん)

 4世紀末になって大和朝廷(やまとちょうてい)の力が水戸にもおよぶと、古墳(こふん)がつくられるようになりました。
 5世紀(せいき)になると、県内で3番目に大きい愛宕山古墳(あたごやまこふん)のような大型古墳(おおがたこふん)や、前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)や円墳(えんぷん)が多数集まってできた牛伏古墳群(うしぶしこふんぐん)がつくられました。
 さらに、古墳時代(こふんじだい)から飛鳥時代(あすかじだい)にさしかかる7世紀には、石室に線刻壁画(せんこくへきが)をもつ八角形墳(はちかっけいふん)としては国内で唯一(ゆいいつ)である吉田古墳(よしだこふん)がつくられるなど、中国大陸(ちゅうごくたいりく)からの文化的(ぶんかてき)な影響(えいきょう)があったことがうかがえます。
大串貝塚 愛宕山古墳
大串貝塚(おおくしかいづか)/愛宕山古墳(あたごやまこふん)
 

 台渡里官衙遺跡群(台渡官衙遺跡・台渡廃寺跡)(だいわたりかんがいせきぐん(だいわたりかんがいせきぐん・だいわたりはいじあと))

 飛鳥時代の政治改革(かいかく)・「大化の改新(たいかのかいしん)」により、国(こく)・郡(ぐん)・里(り)(郷(ごう))の制度(せいど)ができると、水戸は常陸国那賀郡(ひたちのくになかぐん)に属(ぞく)するようになります。
 今でいう役所に当たる郡衙(ぐんが)が、渡里町(わたりちょう)の台渡里官衙遺跡群(だいわたりかんがいせきぐん)に置かれました。

  

水戸にまちができたのはいつごろ?!

 平安時代(へいあんじだい)になると、水戸の政治(せいじ)の中心は、吉田神社の周辺(しゅうへん)に移(うつ)っていきます。

 その後、平安時代の中期(ちゅうき)の「平将門の乱(たいらのまさかどのらん)」をきっかけに、常陸地方(ひたちちほう)の治安(ちあん)は乱(みだ)れます。
 将門を討(う)った平貞盛(たいらのさだもり)の流(なが)れをくむ、常陸大掾(ひたちのだいじょう)氏が常陸地方にその勢力(せいりょく)をのばしていきます。   

 水戸に「まち」ができたのは、平安時代(へいあんじだい)の末期(まっき)、常陸大掾(ひたちのだいじょう)の一族(いちぞく)であった馬場小次郎資幹(ばばこじろうすけもと)が、今の水戸城跡(みとじょうし)に館(やかた)をかまえたことに始まるといわれています。

 その後、1869(明治2)年の版籍奉還(はんせきほうかん)まで、水戸城を中心とする地域(ちいき)は常陸国(ひたちこく)の中心地として栄(さか)え、その支配者(しはいしゃ)は、馬場(大掾(だいじょう))氏(240~250年間)、江戸(えど)氏(164年間)、佐竹(さたけ)氏(13年間)、徳川(とくがわ)氏(約260年間)と移(うつ)っていきます。

水戸城
水戸城(みとじょう) 大手門(おおてもん)

水戸徳川家(みととくがわけ)

イラスト

 1600(慶長(けいちょう)5)年の関ケ原(せきがはら)の合戦(かっせん)をきっかけに、天下(てんか)は徳川(とくがわ)の世となりました。
 
 1609(慶長14)年、徳川家康(とくがわいえやす)公の第11男・徳川頼房(とくがわよりふさ)が水戸城主(みとじょうしゅ)に封(ふう)じられると、水戸は、徳川御三家(とくがわごさんけ)の一つである水戸徳川家の城下町(じょうかまち)として、関東(かんとう)では江戸(えど)に次ぐ城市(じょうし)として整備(せいび)されました。
 そのころに、今のまちの原型(げんけい)がつくられるとともに、全国にその名が知られるようになりました。

 光圀(みつくに)と斉昭(なりあき)

 歴代(れきだい)の藩主(はんしゅ)の中でも有名なのは、第2代藩主の徳川光圀(とくがわみつくに)と第9代藩主の徳川斉昭(とくがわなりあき)でした。
 
 光圀は、笠原水道(かさはらすいどう)をつくり、下町(しもまち)に飲料用水(いんりょうようすい)を引いたり、街道(かいどう)を整備したりするなど、藩政(はんせい)の基礎(きそ)を固(かた)めるとともに、「大日本史」の編(へん)さん事業を行いました。
 斉昭は、質素倹約(しっそけんやく)をはじめとする、改革(かいかく)を進めるとともに、はば広い学問を取り入れた国内で最大規模(さいだいきぼ)の藩校(はんこう)・弘道館(こうどうかん)や、偕楽園(かいらくえん)をつくりました。この時期に、水戸藩(みとはん)の学者を中心に広まった尊王攘夷(そんのうじょうい)の思想(しそう)は、幕末(ばくまつ)・明治維新(めいじいしん)の思想界(しそうかい)に大きな影響(えいきょう)を与(あた)えました。
 
 斉昭の死後、一橋家(ひとつばしけ)の養子(ようし)に入っていた、斉昭の7男である慶喜(よしのぶ)は、徳川家の最後(さいご)の将軍(しょうぐん)となりました。慶喜公は、幕末(ばくまつ)の混乱(こんらん)をおさめるため、大政奉還(たいせいほうかん)を行い、世の中は、新しい時代を迎(むか)えることとなりました。

弘道館 城下町図
弘道館(こうどうかん) 正庁/江戸時代(えどじだい)(元禄期(げんろくき)、1688~1704年))の水戸城下町図(みとじょうかまちず)
 

水戸市政(しせい)のあゆみ

 水戸藩から水戸県、茨城県へ

 1871(明治4)年の廃藩置県(はいはんちけん)によって水戸藩(みとはん)は廃止(はいし)され、水戸県となり、続いて、県の統廃合(とうはいごう)により、茨城県が誕生(たんじょう)しました。
 水戸には、県庁(けんちょう)が置かれ、ひき続(つづ)き、茨城県(いばらきけん)の中心としての歩(あゆ)むこととなりました。

 水戸市の誕生

 1889(明治(めいじ)22)年4月1日、市制町村制(しせいちょうそんせい)が施行(しこう)されると、当時の上市と下市のほかに、常磐(ときわ)、細谷(ほそや)、吉田(よしだ)、浜田(はまだ)の4か村の各一部と合併(がっぺい)して、面積(めんせき)6.17平方キロメートル、人口25,591人の「水戸市」が、横浜市など、全国31市の一つとして誕生(たんじょう)しました。
 その後、官公庁(かんこうちょう)、学校、交通機関(こうつうきかん)などがつくられ、1933(昭和(しょうわ)8)年には常磐村(ときわむら)を編入(へんにゅう)するなどして、発展(はってん)してきましたが、第2次世界大戦のさなか、1945(昭和20)年8月2日に、市街地(しがいち)の大部分が空襲(くうしゅう)を受けて焼失(しょうしつ)し、多くの方が亡(な)くなりました。
 

 戦後から高度成長期

 第2次世界大戦後、復興(せんさいふっこう)の努力(どりょく)を重(かさ)ね、1949(昭和24)年から 1958(昭和33)年までの間に、水戸市ととなり合う10か村と合併し、復興から「大水戸市建設(だいみとしけんせつ)」を目指す段階(だんかい)に入りました。
 高度成長期(こうどせいちょうき)の人口、市街地の拡大を経(へ)て、1989(平成元)年に市制施行(しせいしこう)100周年(しゅうねん)を迎(むか)え、1990(平成2)年には水戸芸術館(みとげいじゅつかん)がオープンさせるなど、文化都市としての発展を図(はか)ってきました。
 さらに、1992(平成4)年の常澄村(つねずみむら)との合併、2001(平成13)年4月の特例市(とくれいし)への移行(いこう)、そして、2005(平成17)年2月の内原町との合併を経て、今日の水戸市は、人口約27万人を有する県都として、地方中核都市圏(ちほうちゅうかくとしけん)のリーダーとしての役わりを担(にな)っています。

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日