水戸市を知ろう

水戸市のこれから

水戸市は、将来(しょうらい)どんなまちを目指しているの?

イラスト

 10年後、15年後も水戸に住むすべての人が安心で幸せを感じられるまちを目指しています。
 そのため、みんなでこんなまちづくりに取組んでいきます。

  • 笑顔(えがお)にあふれ快適(かいてき)に暮(く)らせる安心なまち
  • 未来(みらい)に躍動(やくどう)する活力ある先進的(せんしんてき)なまち
  • 水戸の歴史(れきし)、自然(しぜん)を生かした魅力(みりょく)によって、多くの交流が生まれるまち

 そして、弘道館(こうどうかん)や偕楽園(かいらくえん)をつくった水戸藩(みとはん)の第9代藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)公の改革(かいかく)の精神(せいしん)、教えを大切に、どんなことにも魁(さきがけ)の精神で取組んでいきます。

 

水戸市の将来(しょうらい)の設計図(せっけいず)はないの?

 水戸市は、市民のみなさんの意見(いけん)を集めて、将来(しょうらい)どんなまちにしたいか、目指すまちの姿(すがた)を定めて、それを実現(じつげん)するために、市の仕事やみんなの取組をまとめた計画をつくっています。
この計画のことを「総合計画(そうごうけいかく)」といいます。

【目指すまちの姿】
笑顔(えがお)あふれる安心快適空間(あんしんかいてきくうかん)
未来(みらい)に躍動(やくどう)する 魁(さきがけ)のまち・水戸

 

「魁のまち・水戸」にしていくために、どんなことをするの?

 今、日本では人口が減(へ)ったり、子どもが少なくなったり、いろんなところで災害(さいがい)がおきるといった、たくさんの難(むずか)しい問題がおこっています。

 このような問題を解決(かいけつ)しながら、魁(さきがけ)のまち・水戸を実現(じつげん)していくために、市民みんなと力を合わせて、

  1. 未来(みらい)の水戸を支(ささ)える人をつくる。
  2. 災害に強いまちをつくる。
  3. 観光(かんこう)で水戸に来てみたいと思う人を増やす。
  4. まちなかのにぎわいをつくる。

ことに積極的(せっきょくてき)に取組んでいきます。


 

みんなで水戸のこれからをつくっていこう!

みとちゃん

 水戸市で行っているイベントに参加したり、水戸で買いものしたりすることも、まちをよくすることにつながっています。
 
 そして、水戸市のいいところや歴史(れきし)を学ぶことも、未来の水戸をつくっていくために大切なことです。ホームページの中に、たくさんのせているイベントへ参加(さんか)したり、水戸の新しい魅力(みりょく)を見つけてみてください。
 

お問い合わせ先

水戸市役所

電話番号:029-224-1111 /
〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日