動物の死骸を見つけましたが、どこに連絡したらいいでしょうか。

印刷

最終更新日:2021年7月1日 ページID:024030

  犬や猫、野生動物などの死骸は、死骸のある土地・建物の所有者や管理者が処理を行うこととなっております。

公道上、公園等の公共用地で動物が死んでいる場合

  公道上、公園等の公共用地で飼い主不明の動物が死んでいる場合は、道路管理者、公共施設管理者が処理することとなりますので、下記連絡先へご連絡ください。

・国道6号、50号、51号の場合:
 国土交通省関東地方整備局 常陸河川国道事務所 道路管理第二課水戸国道維持班 029-243-5138

・県道及び上記以外の国道の場合:
 茨城県水戸土木事務所道路管理課 029-225-4061

・偕楽園の場合:
 茨城県偕楽園公園センター 029-244-5454

・市道の場合:
 水戸市道路管理課(平日)午前8時30分~午後5時 029-232-9195
         (土日祝日)午前8時30分~午後5時 029-224-1111
 ※土日祝日に市役所に電話した場合,まずは自動音声によりご案内をいたします。緊急の場合は,案内に沿ってダイヤル操作をしていただく等により守衛室へつながり,直接会話ができます。

・公園の場合:
 水戸市公園緑地課(平日)午前8時30分~午後5時 029-232-9214
         (土日祝日)午前8時30分~午後5時 029-224-1111
 ※土日祝日に市役所に電話した場合,まずは自動音声によりご案内をいたします。緊急の場合は,案内に沿ってダイヤル操作をしていただく等により守衛室へつながり,直接会話ができます。

・その他の公共施設の場合は各施設管理者へご連絡ください。

  なお、当日の作業状況等により、ご連絡をいただいてもすぐに回収できない場合もありますのでご了承ください。

私有地で動物が死んでいる場合

  市では、公共用地以外での動物の死骸の回収は行っておりません。自宅の庭など私有地の敷地内にあるものは、土地の所有者や管理者に処理していただくことになります。
  もし、自宅の敷地内で見つけた場合は、布などで見えないようにくるんだ上で、水戸市指定の燃えるごみ収集袋に入れ、燃えるごみの収集日にごみ集積所に出してください。
  なお、動物は病気で死んだ可能性もありますので、念のためゴム手袋をするなど直接動物の死骸には触れないように気をつけてください。

野鳥の死骸を見つけたら

  すぐに鳥インフルエンザを心配する必要はありません。また、鳥インフルエンザは通常の生活では鳥からヒトに感染しないと考えられており、日常生活においては過度に心配する必要はありません。
  もし、渡り鳥など検査優先種に指定された種が同じ場所でまとまって死んでいる場合など、鳥インフルエンザの感染が疑われるケースについては、死骸等を回収し検査を行っています。見つけた場合は環境保全課まで連絡してください。

・水戸市環境保全課 029-232-9154

【参考リンク】野鳥における高病原性鳥インフルエンザについて(茨城県ウェブページ)

お問い合わせ先

市民相談室
電話番号:029-232-9109 /ファクス:029-232-9289

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日