鳥のヒナが巣から落ちてるので、救護してもらえませんか。

印刷

最終更新日:2022年5月10日 ページID:012620

回答

巣立ち前後のヒナが一羽でいるのは、飛ぶ力が弱いため地面に降りているケースがほとんどです。親鳥が近くにいますので、手を出さず、見守るようにお願いします。親鳥がヒナを安全な場所に導いたり、エサを与えたりしながら、徐々に飛べるようになります。
人が近くにいると親鳥が警戒して近くに寄ることができずに、世話をしなくなってしまいます。

もしも、生まれて間もないヒナが巣から落ちている場合、巣に戻すことができるようであれば、戻してあげてください。
人の手で救護したとしても自然の中で生きていく方法を教えることは困難ですので、自然のままにしておくのがもっとも良いことです。

この内容についてのお問い合わせ先

環境保全課
電話番号 029-232-9154
ファクス 029-232-9236

お問い合わせ先

市民相談室
電話番号:029-232-9109 /ファクス:029-232-9289

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日