カラスが威嚇をしてくるのですが、どんな対策がありますか。

印刷

最終更新日:2021年5月21日 ページID:012618

回答

毎年3月から7月の繁殖期には、生まれたヒナを守ろうとするため、カラスの親鳥は近づく外敵に対し、威嚇を行います。そんな時に、威嚇に気がつかなかったり、無視して、そこに留まってしまうと、徐々に親鳥の威嚇行動がエスカレートし、最終的に攻撃行動に出ることがあります。
こういったことを避けるため、
・できるだけ巣の近くを通らない。
・通らなければならないときは、足早に通り過ぎる。
・帽子や傘で防御する。
などの対策を取ってください。
この繁殖期を除き、カラスが人を攻撃することは非常にまれなことです。

なお、卵がある巣やヒナのいる巣を撤去したり、ヒナを捕獲したりするためには鳥獣保護法による許可が必要ですが、卵やヒナのいない巣は許可がなくても撤去することができます。
巣の撤去は、樹木や電柱の所有者や管理者が行ってください。
また、巣作り前に枝をせん定することで、巣を作りにくくすることは、有効な対策となります。

この内容についてのお問い合わせ先

環境保全課
電話番号 029-232-9154
ファクス 029-232-9236

お問い合わせ先

市民相談室
電話番号:029-232-9109 /ファクス:029-232-9289

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日