ハクビシンが屋根裏に住み着いたので、市で対処してもらえないか。

印刷

最終更新日:2021年5月21日 ページID:008504

回答

市では、ハクビシンなどの駆除や捕獲などは行っておりません。
野生鳥獣は、鳥獣保護法により保護されているため、許可なく捕獲することが禁止されています。
家屋に侵入されてお困りの方は、追い払うなどして、出入り口をふさぐようにしてください。市販の薬剤(煙のでるゴキブリ忌避剤など)を使用した追い払いも効果があるようです。
それでも効果がない場合やご自身でできない場合は、消毒業者などにご相談下さい。
鳥獣保護法に基づきハクビシンの捕獲について市が許可できる場合は、原則として、申請者がわな免許を所持し、自身の生活環境又は農作物に対して被害が発生していて、かつ追い払い等によっても被害が防止できない場合に限ります。
ただし、狩猟期間(11月15日から2月15日)は、許可等がなくても、捕獲できる場合がありますので、不明な点があれば水戸市環境保全課までお問い合わせください。

この内容についてのお問い合わせ先

環境保全課
電話番号 029-232-9154
ファクス 029-232-9236

お問い合わせ先

市民相談室
電話番号:029-232-9109 /ファクス:029-232-9289

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日