父が今年6月に死亡しましたが、父親名義の土地・家屋に対する固定資産税はどうなりますか。

印刷

最終更新日:2013年7月25日 ページID:000886

回答

今年度の固定資産税については、相続人が納税義務を引き継ぐこととなり、残りの税額を納めていただくことになります。
固定資産の名義変更は、法務局で相続登記をしていただきます。相続登記を今年中に済ませた場合、来年度から新しい登記名義人に課税されます。
何らかの事情で相続登記を行わない場合は、その固定資産を現に所有している人(一般的には相続人)に課税されますので、「相続人代表者指定届」を提出していただくことになります。なお、この届出は固定資産税に関する手続きであり、相続登記や相続税とは何ら関係がありません。

関連リンク

相続人代表者指定届

お問い合わせ先

資産税課
電話番号:029-232-9141 /ファクス:029-232-9231

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日