「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」にある【代替文字情報】とはどのような意味ですか。住民票や戸籍の文字まで変わってしまうのですか。

印刷

最終更新日:2015年12月5日 ページID:015800

回答

電子証明書用の文字で変更になるものがある場合に表示されます。
電子証明書の住所、氏名に使用可能な文字はJIS第1水準、第2水準およびJIS補助漢字の約1万3千字です。そこに含まれていない文字は別の文字(代替文字)への置き換えが発生します。この場合、住民票や住基ネットに記録されている文字と異なることになります。適当な代替文字がみつからない場合は「かな文字」にての対応となります。

「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」の代替文字情報欄に文字の記載がある方は、該当者となります。
また、代替文字の変更を希望する場合は、個人番号カード受領時に変更することも可能です。
個人番号カードの券面には、住民票と同じ文字が記載されます。
電子証明でのやり取りに使用する内部的な文字ですので,住民票や戸籍及びマイナンバーカード(個人番号カード)に記載される文字が変わってしまう訳ではありません               
 image 
 

JIS水準漢字とは?

JIS(日本工業規格)で定められた漢字の規格で,JISX0208(日本語表記,地名,人名などで用いられる6,879図形文字を含む,主として情報交換用の2バイト符号化文字集合を規定する日本工業規格)に含まれ、日常で使用頻度の高い漢字を集め,コンピューターで利用するためにコード化したものです。 JIS第1水準は2965字で,常用漢字1945字とその他の人名用漢字が含まれており,通常の文書であればJIS第1水準の文字だけで記述できるとされています。JIS第2水準は3390字です。その他に補助漢字(JISX0208で利用できない文字)を集めた文字集合もあります。

電子証明書とは?

電子証明書は、オンライン申請における本人確認手段及び利用者本人であることの証明手段であり、申請用データへの電子署名やインターネット閲覧の本人確認を行うために必要となるものです。住基カードには「署名用電子証明書」のみが搭載されていましたが、個人番号カードには、これに加えて新たに「利用者証明用電子証明書」も搭載されます。

 ※署名用電子証明書…インターネットで電子文書を送信する際などに、文書が改ざんされていないかどうか等を確認することができる仕組み。

※利用者証明用電子証明書…インターネットを閲覧する際などに、利用者本人であることのみを証明する仕組み。

お問い合わせ先

市民課マイナンバー担当
電話番号:電話番号:029-291-3916 /ファクス:029-224-1115

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1(パスポートセンターは茨城県三の丸庁舎1階)
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日、12月29日~1月3日