離婚後300日以内に出産した場合の出生届の戸籍の処理について教えてください。

印刷

最終更新日:2021年5月11日 ページID:004636

回答

赤ちゃんの戸籍は、母が離婚する前に記載のあった戸籍に記載されることになり、もし、実際の父が前の夫でない場合でも父欄には離婚する前の夫の氏名が記載されます。
もし、実際の父が前の夫でない場合には、家庭裁判所で前の夫との父子関係を否定する裁判を受けてから出生届を提出すれば前の夫の戸籍へは記載されずに済みますが、出生届は生まれてから14日以内に提出するように戸籍法で定められており、裁判判決後に出生届を提出する際に、届出期限が過ぎていれば過料が科される場合があります。
また、住民記録台帳法の改正により、前の夫との父子関係を否定する裁判を行っているということが証明されれば、将来的には判決後に出生届が必ず提出されるであろうということから、出生届が未届の時点でも、赤ちゃんの住民票を作成することが出来ます。

この内容についてのお問い合わせ先(相談窓口)

市民課
電話番号 029-224-1111 内線 2163,2162(戸籍) 2172,2173(住民記録)
FAX  029-224-1115

水戸地方法務局戸籍課
電話番号 029-227-9916 
※詳細については,法務省ホームページ(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。                            

お問い合わせ先

市民課
電話番号:029-232-9156 /ファクス:029-224-1115

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1(パスポートセンターは茨城県三の丸庁舎1階)
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで ※水曜日は午後7時まで。全ての業務は取扱っておりませんので、取扱業務を確認のうえお越しください。 /休業日:土・日曜日、祝日