みんなの交通安全教室in水戸の開催について

印刷

最終更新日:2017年11月21日 ページID:018561

 

みんなの交通安全教室in水戸の開催について

 平成29年11月21日(火曜日),渡里小学校において内閣府の参加・体験・実践型交通ボランティア養成事業である,みんなの交通安全教室in水戸が開催されました。

 市内4校の小学2年生約300人が,「反射ベスト」の暗い場所での見え方,シートベルトコンビンサー体験によるシートベルト着用の大切さや,実際のトラックを使用した内輪差の実演,トラックの死角体験など,普段学ぶことができない体験をしました。教室の最後には,渡里小学校の代表児童から「登下校時には必ず反射ベストを身に着ける,車に乗ったら必ずシートベルトを締める,トラックに巻き込まれないよう注意する」と力強い決意表明をいただきました。本市としましては,今回の教室から交通安全への理解を深め,今後に生かしてほしいと感じています。

 この度,みんなの交通安全教室in水戸の開催にあたり,御協力いただきました関係機関,団体,ボランティアの皆様には深く感謝申し上げます。

教室の様子

腹話術による交通安全のお話

a

反射ベストの見え方

b

シートベルトコンビンサーによる時速5kmでの衝撃体験

d

トラックの内輪差と死角体験

c

お問い合わせ先

防災・危機管理課
電話番号:029-232-9152 /ファクス:029-233-0523

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日