水戸のお昼ごはん 市場で働く人のごはん【みとに出会う、みとで出会うvol.18】

印刷

最終更新日:2013年8月27日 ページID:012724

9月1日号 水戸のお昼ごはんー市場で働く人のごはん

 市場の朝は早い。午前8時を過ぎる頃には、市公設地方卸売市場の多くの店舗が、朝のひと仕事を終える。早朝から力仕事をした皆さんは、おなかがぺこぺこ。市場で働く人の多くが、市場内に2軒ある食堂で食事をする。食堂に来ていた水産卸売業者の男性は「午前1時半には出勤するので、いつもここで食べている」と話す。

 この日は、青果の卸売会社、大同青果の斉藤忠さんの昼食に同行させてもらい、「市場食堂しまだ」へ。各地から集まる青果の管理のため、24時間体制で業務をしている同社。荷降ろしなど体力的にもハードな仕事をこなす皆さんが、決まった時間に食事ができることは少ない。「時間がある時に、しっかり食べて休まないと」と斉藤さん。同じように食事に来ている社員や顔見知りに声をかけながら、息抜きの時間を過ごす。

定食を食べている写真

 食堂しまだでは、従業員4~5人で、朝は4時前から昼は2時まで、160人近い客に食事を提供している。一番忙しいのは、やはり午前6時半~9時。「おいしいものを、できるだけ早く出すことを心がけている」と、従業員の小沼さん。忙しい中にも、ご飯を大盛りにサービスするなど、心遣いを忘れない。食材は、ほとんどが市場で仕入れたもので新鮮だ。

ご飯を盛り付けている写真 しまだの皆さんの写真

かつおの刺身定食の写真 かつおの刺身の写真

 もう一軒の「うんの食堂」も、多くの人でにぎわう食事処だ。どちらも一般の方でも利用することができる。ぜひ一度、市場の雰囲気を体験してみてはいかが。

うんの食堂の写真

(「広報みと」平成25年9月1日号掲載)

朝市 開催中!

日時/毎月第2土曜日、
 青果仲卸・関連店舗…午前9時~正午、水産仲卸…午前9時~11時
場所/市公設地方卸売市場(青柳町)
問合せ/同市場(☎226-2331) 
 

 関連リンク

お問い合わせ先

みとの魅力発信課
電話番号:029-232-9107 /ファクス:029-224-5188

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日