夏休みの自由研究 シェーブル館のチーズ製造見学【みとに出会う、みとで出会うvol.17】

印刷

最終更新日:2013年7月29日 ページID:012648

8月1日号 夏休みの自由研究ーシェーブル館のチーズ製造見学

 夏の話題の一つ、自由研究。その題材に、工場見学はいかが。

今回は、森林公園にある森のシェーブル館のチーズ製造を紹介します。見学の後には、シェーブル館の冷たいソフトクリームやタルトをおやつに食べるのもいいかも。ソフトクリームは、夏季はヤギ乳入りで、濃厚な味わいです。

ヤギのイラスト
 

準備

「カード」という、チーズの素を作ります。主な原料は、牛乳、乳酸菌、酵素。温度管理をして、PH(水素イオン濃度)が5.3まで下がったら、のび具合をチェック。できたカードを、熱が伝わりやすいように、小さく切ります。


準備の写真

 

カチョカヴァロ

ひょうたんの形が特徴的なチーズ。生でもおいしいですが、厚くスライスして、フライパンで表面をソテーして食べるのもおすすめです。

カチョカヴァロの写真

  1. 湯でカードをやわらかくしながら練ります
  2. 丸く成形。よく練ることで、空気が抜け、チーズの表面につやがでます
  3. くぼみをつくり、ひもをかけます

 

ストリングチーズ

「さける」チーズとして知られています。熱を加えてもおいしい。恐竜の骨みたい!?


ストリングチーズの写真

  1.  湯の中でカードをまとめ、棒状に伸ばします
  2. 何度も熱湯につけながら、伸ばしては半分に折り、ちょうど良いやわらかさ・太さになるまで、20回近く繰り返します
  3. 何度も伸ばしたことで、こんなにさける!

手造りチーズ食べにきて♪ 

 チーズ作りを担当する小川さんや根本さんたちは、自分たちの手で温度ややわらかさを感じとりながら、作業しています。
 今回の2種類のチーズは、チーズが苦手な方や子どもにも食べてもらえるような、クセのないチーズです。
 シェーブル館の製品は、ほとんどが手作りで、牛本来のやさしい味わいを楽しめますよ。


おいしいチーズの写真

  

見学について

チーズ製造の様子は、窓から自由に見学ができます。
チーズの製造時間や種類は日によって変わりますので、お問合せください。
 見学する場所の写真
 

(「広報みと」平成25年8月1日号掲載)
 

 関連リンク

お問い合わせ先

みとの魅力発信課
電話番号:029-232-9107 /ファクス:029-224-5188

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日