夏に食べたい!水戸のおいしいもの【みとに出会う、みとで出会うvol.4】

印刷

最終更新日:2012年6月26日 ページID:008771

7月1日号 夏に食べたい!水戸のおいしいもの スタミナ冷やし、フレッシュジュース

スタミナ冷やし (スタミナラーメン松五郎)
スタミナ冷やしとバナナミルク

 カボチャやニンジン、キャベツ、レバーなどの具材と、トウガラシが効いた甘辛い餡あん。「スタミナ冷やし」は、スープがなく、冷水でしめた太い麺にこの熱々の餡がたっぷりとかかったラーメンだ。「夏バテ防止の食材がたくさん入っているので、暑い時期にぴったりですよ」と、「スタミナラーメン松五郎」店長の池田睦さん。体の中から元気になれるメニューだ。
 店内はいつもにぎわっており、市内はもちろん、県内外から多くの人が訪れ、行列をつくっている。池田さんは、このスタミナ冷やしを「茨城のご当地ラーメンとして、水戸の地から全国にもっと発信していきたい」と力を込める。
 暑い夏こそ、熱く、辛いものを。スタミナ冷やしを食べて熱気を吹き飛ばそう。

スタミナラーメン 松五郎
上水戸3丁目、電話番号029-221-9598

フレッシュジュース (銚子屋果実店)

 「今日は何にしますか」と、店頭に明るい声が響く。常時、10種類以上あるドリンクメニューの中で、100円で手軽に飲めるバナナミルクは、季節を問わず人気。暑い時期は、さっぱりとした味わいのグレープフルーツジュースの注文も多いという。
 フレッシュジュースは、注文が入ってから作るため、新鮮。ほとんどのメニューは、果物や牛乳だけで作り、素材の自然な甘みが口の中に広がる。ビタミンCなどの栄養もたっぷり、まるごと取れる。
 毎朝、出勤前に寄る人も多い。「いってらっしゃい、と声をかけるんです。元気になってもらいたいから」と、銚子屋果実店の広瀬定男さんとさち子さん。若い人や子どもと会話をする機会が増えて楽しい、と笑う。
 明るい笑顔とさわやかなフレッシュジュースが、一日をがんばる元気をくれる。

銚子屋果実店
南町3丁目、電話番号029-221-2398

(「広報みと」平成24年7月1日号掲載)
 

スタミナ冷やし

スタミナ冷やし2

 今回、いただいた中で一番数が多かったのが、この「スタミナ冷やし」。夏の暑さに負けない、パワーのある一品です。
 一般的に、スタミナラーメンというと、今回紹介した「スタミナ冷やし」と、通常のラーメンのようにスープがあるもの(「冷やし」に対して「ホット」と言うことも)の二種類があります。ホットは、熱いスープをスタミナのピリ辛の餡でふたをする形になり、まさにアツアツです。
 取材させていただいた松五郎さんは、水戸の老舗。いつも長い行列ができていていますが、その分、食べたときのおいしさがさらに倍増。
 まだ食べたことのない方は、ぜひお試しください。

フレッシュジュース

ジュースを作る 

 昔ながらの果実店、銚子屋さん。店内はいつも果物のさわやかな香りでいっぱいです。
店先にあるジューススタンドは、2004年に設置したそうで、目の前でジュースを作っている様子を見ることができます。
 取材中、一人のお客様がご来店。常連だというこの方が注文したのは、やはり一番人気のバナナミルク。「今日は寒いから、氷はなしにしようかな」。こんな調節ができるのも、フレッシュジュースならでは。
 ちなみに、氷を入れると、冷たく、さらっとしたさわやかな味わいに、氷をぬくと、濃厚で、果物の甘みや酸味がいっそう味わえるものになります。
 朝の通勤に、買い物のついでに、ちょっと小腹がすいたときに、おなかも心も満たしてくれる一杯です。

みなさんの「夏に食べたい!」もの

 スタミナ冷やしやフレッシュジュースのほかに、

  • コーヒーかき氷
  • シェーブル館のソフトクリーム
  • ぬり屋のうなぎ
  • うなぎの白焼き

などを「食べたい!」という声がありました。どれも夏に食べたくなる一品ですね。
 いただいたご意見を見ていると、「夏には冷たいもの」派と、「夏だからパワーの出るもの」派に分かれるようです。

 みなさんは、暑い夏に何を食べますか。

関連リンク

お問い合わせ先

みとの魅力発信課
電話番号:029-232-9107 /ファクス:029-224-5188

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日