雨が似合う風景【みとに出会う、みとで出会うvol.3】

印刷

最終更新日:2012年5月29日 ページID:008679

6月1日号 雨が似合う風景 中崎家住宅

中崎家住宅 

 静けさの中に、雨の降る音が響く。湿った土のにおいが、どこか懐かしい感覚を呼び起こす。
内原地区にある中崎家住宅は、今から300年以上前、江戸時代の元禄元年(1688年)に建てられたと言われ、昭和43年に国の重要文化財に指定された。大きな茅かやぶき葺屋根は7段になっていて、最近では3年前に1段目を葺ふ き替えている。
 「小さい頃は、家族でこの建屋に住んでいました」と、現当主の中﨑厚さん。敷地内に別棟を構えた後も、中﨑さんの母親が平成12年まで住居として使用していた。「重要文化財として、個人で現状を維持していくことは大変」と話す中﨑さんだが、歴史ある建物を見に訪れる人に、快く話を聞かせてくれる。

 茅葺屋根の軒先で雨宿りをしながら、ぼんやりと雨の降る様子を眺めていると、いつもとは少し違う、ゆったりとした時間が流れる。雨の日には、雨の日だけの特別な風景、時間を探して過ごすのも、いいかもしれない。

(「広報みと」平成24年6月1日号掲載)

それぞれの「雨が似合う風景」

 

 今回お寄せいただいた、「雨が似合う風景」を紹介します。()は添えられていた理由です。

  • 銀杏坂を折れて警察署から旧県庁前までの道程
    (お堀が感傷的にさせるのでしょうか。)
  • 三の丸・弘道館あたり。とくに梅の頃
    (梅の頃、ひっそりと降る小雨にぬれながら歩くととても落ち着く。雨の律動に合わせてひっそりと歩きたい。)
  • 青柳の柳、青柳の夜雨
    (田園風景が美しい。ホーリーホックの選手や、犬の散歩、ランニングなど、多くの人の憩いの場になっている。)
  • 県立近代美術館
    (美術館の建物を外から見たときに、いい雰囲気、いい眺めだから。館内での美術鑑賞もまたいい雰囲気になる。)
  • 六地蔵寺のシダレザクラ

  • 偕楽園の尖えき台から眼下を見る

  • 偕楽園表門に降る雨

  • 偕楽園の竹林に降る雨

  • 好文亭の最上階から板葺屋根に流れる雨を見る

  • 弘道館の正門の雨に光る瓦

  • 中沢池の雨の水面

  • 薬王院の銀杏の木に降る雨

皆さんの思う「雨が似合う風景」、どれも趣のある場所ですね。
雨が降る日は、つい家の中にこもってしまいますが、思い切って外に出て歩いてみると、いつもとは違う雰囲気、感覚に気がつきます。
これから梅雨の季節。
雨を楽しみながら、過ごしていきましょう。

雨の風景

さまざまなご意見ありがとうございました。

関連リンク

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

みとの魅力発信課
電話番号:029-232-9107 /ファクス:029-224-5188

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日