PCB使用照明器具(安定器)に関する調査にご回答ください

印刷

最終更新日:2020年11月30日 ページID:022639

調査の実施について

 PCBは非常に毒性が強いため現在、製造・使用が禁止されており、その保管者は法で定められた期限までに処分することが義務付けられています。
 本調査は、下記の調査対象からPCBを使用している照明器具の安定器(電灯のちらつきを安定させる装置)(PCB使用安定器)を早期発見し、期間内の適正な処分を推進させるため実施します。
 なお、本調査業務は株式会社ゼンリン水戸営業所に委託しています。

※PCB使用安定器の処分期間は令和5年3月31日までです。

調査対象

 市内で昭和52年3月以前に建築された事業用建物を所有する方

※過去に事業用として使用し現在は居宅として使用している建物や、「店舗兼住宅」や「事務所兼住宅」のように住宅と事業用建物を兼ねている(いた)建物を含みます。
※共同住宅(アパート、マンション等)は、廊下や階段等の共用部分が対象です。
※家庭用照明器具にはPCBが使用されていないため、一般の住宅は対象外です。

調査方法

 調査対象に調査票を送付しますので、お手元に届きましたら、PCB使用安定器の有無を確認していただき、必ず回答いただきますようお願いします。

回答方法

・調査票に、「調査の手引き」を同封しておりますので、記載内容に従い調査・回答してください。
・PCB使用安定器が使われている可能性のある照明器具については、(一社)日本照明工業会のホームページ「PCB使用照明器具に関する情報」(外部リンク)をご覧ください。
・(公財)産業廃棄物処理事業振興財団が、調査方法を解説した動画を公開しております。ご参照ください。

 

※使用中の照明設備は感電のおそれがありますので、電気工事業者や専門の調査会社等(建物の維持管理を委託している場合はメンテナンス会社)にご相談ください。また、高所作業を伴う際は十分に注意してください。

調査期間

 令和2年12月上旬に、調査票を随時発送予定です。

送付物

調査票

調査の手引き

※このほか、依頼文書、返信用封筒を同封しています。

詐欺への注意

 他自治体では、本調査をかたって調査費用を請求する詐欺が発生しております。本調査で、市や株式会社ゼンリンが訪問・電話により金銭の要求等をすることはありません。不審に感じたときは、水戸警察署や市廃棄物対策課へご連絡ください。

調査によりPCB使用安定器が見つかったら・・・

 存在が判明した場合は、直ちに水戸市へ保管状況等の届出を行うと同時に、早急に処分委託の手続きを進めてください

 詳しくは、以下のページをご覧ください。

「PCB廃棄物保管事業者等には届出の義務があります(PCB廃棄物に係る届出について)」(別ページへ移動)

お問い合わせ先

廃棄物対策課
電話番号:029-291-6917 /ファクス:029-232-9297

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日