多量排出事業者に係る処理計画書及び実施状況報告書の作成・提出について(水戸市内の事業場に係る届出)

印刷

最終更新日:2020年4月1日 ページID:021237

多量排出事業者に係る処理計画書及び実施状況報告書の作成・提出について

 事業活動に伴い、前年度の産業廃棄物の発生量が1,000トン以上(特別管理産業廃棄物の場合は50トン以上)である事業場を水戸市域に設置している事業者(以下「多量排出事業者」という。)は、産業廃棄物の減量その他その処理に関する計画を作成し、これを市長に提出するとともに、同処理計画の実施状況についても市長に報告しなければなりません。(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第12条第9項及び第10項、第12条の2第10項及び第11項関係)

 また、市長は、これらの処理計画やその実施状況について、インターネットの利用により公表することとされています。(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第12条第11項、第12条の2第12項関係)

1 水戸市に処理計画等の提出をしなければならない事業者(多量排出事業者に該当するかどうか)

製造業等の場合

 産業廃棄物の前年度発生量が1,000トン以上(特別管理産業廃棄物の場合は50トン以上)である事業場を水戸市内に設置している事業者

建設業等の場合

 水戸市内にある各作業所(現場)の産業廃棄物の前年度発生量の合計が1,000トン以上(特別管理産業廃棄物の場合は50トン以上)の事業者

※詳しくは、こちらの「多量排出事業者による産業廃棄物処理計画及び産業廃棄物処理計画実施状況報告策定マニュアル(第3版)」(環境省HPへリンク)をご確認ください。

事業場

産業廃棄物が発生する事業場の名称 事業場の所在地 提出先
事業場a、事業場b 水 戸 市 水戸市長
事業場c、事業場d、事業場e 茨城県A市 茨城県知事
事業場f、事業場g 茨城県B市 茨城県知事

2 処理計画等の作成単位

製造業等の場合

 事業場ごとに作成してください。

建設業等の場合

 水戸市内にある各作業所(現場)を総括的に管理している支店等ごとに作成してください。

 ※詳しくは、こちらの「多量排出事業者による産業廃棄物処理計画及び産業廃棄物処理計画実施状況報告策定マニュアル(第3版)」(環境省HPへリンク)をご確認ください。

3 区域内(水戸市)を管理している支店等が水戸市内に存在しない事業者(建設業等)※提出先:水戸市

 水戸市内の作業所を総括的に管理している支店等が水戸市内に存在しない事業者は、排出量が最も多い事業場を主たる事業場とし、事業場の名称を主たる事業場の工事名等、事業場の所在地を主たる事業場の住所とし、様式により確認できるよう記載してください。

〈例1〉各区域内の作業所(現場)を総括的に管理している支店等ごとに区域内をまとめる場合    

事業場の名称 ○○支店水戸市内各工事現場
事業場の所在地  水 戸 市 内 各 所

〈例2〉設置が短期間であり、又は所在地が一定しない事業場が2以上あり、1の事業場にまとめた場合

事業場の名称  ○○工事  他
事業場の所在地 水戸市○○町 他 

〈例3〉前年度の産業廃棄物の発生量が1,000t(特管50t)以上であったが、今年度は同じ事業場から排出される見込みがない場合(工事が終了した等)

※ 産業廃棄物処理計画実施状況報告書を提出する必要があります。

事業場の名称 水戸市内工事現場(完工)
事業場の所在地 水 戸 市 内

4 区域外(水戸市を除いた茨城県)を管理している支店等が水戸市内に存在する事業者(建設業等)※提出先:茨城県

 茨城県(水戸市を除く)の作業所を総括的に管理している支店等が水戸市内に存在する事業者は、排出量が最も多い事業場を主たる事業場とし、事業場の名称を主たる事業場の工事名等、事業場の所在地は主たる事業場の住所とし、様式により確認できるよう記載してください。

 ※令和2年度より、水戸市が中核市となりましたので、水戸市内の作業所分は水戸市、茨城県(水戸市を除く)の作業所分は茨城県にご提出ください。水戸市の作業所と茨城県の作業所は1つの事業場としてまとめないようご注意ください。

〈例1〉各区域内の作業所(現場)を総括的に管理している支店等ごとに区域内をまとめる場合

事業場の名称 ○○支店茨城県内各工事現場(水戸市を除く)
事業場の所在地 茨城県内各所(水戸市を除く)

〈例2〉設置が短期間であり、又は所在地が一定しない事業場が2以上あり、1の事業場にまとめた場合

事業場の名称 ○○工事   他
事業場の所在地 ○○市○○町 他

〈例3〉前年度の産業廃棄物の発生量が1,000t(特管50t)以上であったが、今年度は同じ事業場から排出される見込みがない場合(工事が終了した等)

事業場の名称 茨城県内工事(水戸市を除く)(完工)
事業場の所在地 茨城県内(水戸市を除く)

※ 地区によって提出先の県民センター等が異なりますので、詳細については、茨城県のホームページをご覧ください。

5 提出時期

 毎年4月1日から6月30日まで

6 報告様式

処理計画書

・様式第2号の8 産業廃棄物処理計画書

・様式第2号の13 特別管理産業廃棄物処理計画書

 ※令和2年度から様式が変わりますので、新たにダウンロードをお願いします。
 ※令和2年4月から、前々年度の特別管理産業廃棄物(PCB廃棄物を除く。)の発生量が年間50トン以上の事業場を設置している排出事業者は、当該事業場から生じる特別管理産業廃棄物(PCB廃棄物を除く。)の処理を委託する場合、電子マニフェストの使用が義務化されました。詳しくは、環境省作成のパンフレット特別管理産業廃棄物を多量に排出する事業者のみなさまへ(電子マニフェスト使用義務化について)(PDF形式 7,652キロバイト)をご覧ください。

※記入の際は、以下の資料をご参照ください。
 ・「多量排出事業者による産業廃棄物処理計画及び産業廃棄物処理計画実施状況報告策定マニュアル(第3版)」(環境省HPへリンク)
 ・【記入例】様式第2号の8(PDF形式 128キロバイト)
 ・別紙1 日本標準産業分類(PDF形式 147キロバイト)
 ・別紙2 産業廃棄物の体積(立法メートル)から重量(トン)への換算係数(PDF形式 8キロバイト)
 ・「優良産廃処理業者認定制度について」(環境省HPへリンク)

実施状況報告書

・様式第2号の9 産業廃棄物処理計画実施状況報告書

・様式第2号の14 特別管理産業廃棄物処理計画実施状況報告書

 ※令和2年度から様式が変わりますので、新たにダウンロードをお願いします。
 ※令和2年4月から、前々年度の特別管理産業廃棄物(PCB廃棄物を除く。)の発生量が年間50トン以上の事業場を設置している排出事業者は、当該事業場から生じる特別管理産業廃棄物(PCB廃棄物を除く。)の処理を委託する場合、電子マニフェストの使用が義務化されました。詳しくは、環境省作成のパンフレット特別管理産業廃棄物を多量に排出する事業者のみなさまへ(電子マニフェスト使用義務化について)(PDF形式 7,652キロバイト)をご覧ください。

※記入の際は、以下の資料をご参照ください。
 ・「多量排出事業者による産業廃棄物処理計画及び産業廃棄物処理計画実施状況報告策定マニュアル(第3版)」(環境省HPへリンク)
 ・【記入例】様式第2号の9(PDF形式 104キロバイト)
 ・別紙1 日本標準産業分類(PDF形式 147キロバイト)
 ・別紙2 産業廃棄物の体積(立法メートル)から重量(トン)への換算係数(PDF形式 8キロバイト)
 ・「優良産廃処理業者認定制度について」(環境省HPへリンク)

7 提出方法

(1)「いばらき電子申請・届出サービス」による提出

 報告様式をダウンロードし、正しく入力した上で、こちらの「いばらき電子申請・届出サービス」により提出してください。

 「いばらき電子申請・届出サービス」は、窓口へ申請書類を郵送や持参する必要がなく、利用者登録をすることで職場や自宅にいながら、原則として24時間365日、深夜や休日でも届出を行うことができるとても便利なサービスです。県内の方はもとより、県外の方もパソコン上から簡単に届出を提出できますので、ぜひご利用ください。

  1. 利用者登録は、「3.2.1 利用者情報登録」をご確認ください。
  2. 申込方法は、「1.1.3 手続き申込(ログインする場合)」をご確認ください。

※「いばらき電子申請・届出サービス」について、詳しくは、水戸市情報政策課のホームページをご覧ください。

(2)紙様式による提出

 報告様式により、正・副2部を郵送又は持参により提出してください。届出者の押印は不要です。

※控えが必要な場合は、別途ご用意ください。ただし、郵送による提出の場合は、必要分の切手を貼った返信用封筒を同封してください。

8 提出先

郵便番号310-8610

茨城県水戸市中央1-4-1 本庁舎3階 

水戸市 生活環境部 廃棄物対策課 管理係

お問い合わせ先

廃棄物対策課
電話番号:029-291-6917 /ファクス:029-232-9297

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日