【水田農家の皆さま向け】経営所得安定対策について

印刷

最終更新日:2021年2月12日 ページID:023236

令和3年産の主食用米は、過去最大の転換が必要です。

 新型コロナウイルス感染症の社会的影響により米の需要が大きく減少し、令和3年産米の価格下落が懸念されています。国の発表では、令和3年産米の価格を維持するためには、令和2年比で全国で約30万トン(令和2年産米の生産実績723万トン→令和3年産米の目標生産量693万トン)という,過去最大の転換が必要とされています。

 米を生産している農家の方は、経営所得安定対策の制度を活用し、主食用米からの転換を検討してくださいますようお願いします。

 経営所得安定対策とは

 経営所得安定対策とは,水田において主食用米から対象となる作物へ生産を転換した場合の交付金措置や,収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)等により,水田農家の皆さまの所得安定を図る支援メニューの総称です。
 

 水戸市経営所得安定対策の説明動画をご覧ください。

 令和3年度の水戸市の経営所得安定対策をご案内する説明動画を,youtubeで公開しています。
 下記画像をクリックまたはタップしてご覧いただけます。

  【水戸市内の米農家の皆さま】主食用米から飼料用米等への転換にご協力ください 
 サムネイル
   www.youtube.com/watch
 

 資料

 説明動画の中で使用している資料については、こちらのpdfファイルをご覧ください。
 (水田農家の皆さまには,2月末にお送りしている営農計画書に同封しております。)
 R3経営所得安定対策あらまし(PDF形式 1,906キロバイト)

 転作に取組んだ場合の収入を試算できます。

 茨城県農業再生協議会では,転作に取組んだ場合の収入を試算できるサイトを開設しています。
 スマートフォンにも対応しています。ぜひご利用ください!

  稲作経営の収入試算(茨城県農業再生協議会ホームページ内)

  www.ibaraki-suiden.jp/shisan/

  経営所得安定対策の支援メニューは毎年変わります。

 令和3年度の水戸市における経営所得安定対策の新たな特例措置やメニューは,以下のとおりです。
 変更点

 営農計画書の提出について

 2月末より、市内水田農家の皆さまに営農計画書をお送りしています。経営所得安定対策の活用をご検討のうえ、同封の必要書類を、下記の期限までにご提出ください。提出後も変更は可能です。変更をご希望の際には、令和3年6月中旬までに市農政課へご相談ください。
 

 提出締切 令和3年3月31日(水)(提出後6月中旬まで変更可能)
 

(参考)経営所得安定対策に関連するページ

農林水産省(経営所得安定対策)
 www.maff.go.jp/j/seisaku_tokatu/antei/keiei_antei.html

茨城県(経営所得安定対策とは)
 www.pref.ibaraki.jp/koho/kurashi-qanda/sangyo-rodo/norin-suisan/keieisyotoku.html

お問い合わせ先

農政課
電話番号:029-232-9181 /ファクス:029-232-9255

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日