みとちゃん おもてなしを学ぶ旅 vol.5

印刷

最終更新日:2019年9月1日 ページID:020648

 みとちゃんは,お友達をおもてなしするのが大好き!!

 omotenasimitochan

 今後の予定を調べると,今秋の茨城国体,来年の東京オリンピックと,近くで大きな催しが予定されています。

 pcshirabemonoback

 みとちゃんは,「たくさんのお友達をおもてなしできる!」とワクワクしつつも,よりみんなに喜んでもらえるように,おもてなしについて改めて学びたいと考えました。

 pcshirabemono


みとちゃんがおもてなしを学ぶ旅,第5回目の講師は……

水戸おもてなしマイスター ゴールド 栗田優子さん 

 kuritasamato01

水戸おもてなしマイスターって何をしている方々なのかな?

  水戸に来た方々に「おもてなし」の一つとして,水戸の紹介や案内をするとともに,様々な魅力を伝え,広く情報発信をしています。マイスター,シルバー,ゴールドの3つのランクがあり,マイスターとシルバーのすべての要件を兼ね備えた上で,茨城県が実施する「観光マイスターS級認定試験」に合格した方が,ゴールドの資格をもつことができます。そのため,ゴールドの資格を有する方は,観光やおもてなしに関するハイレベルな知識とスキルを持っています。


栗田さんがおもてなしマイスターになったきっかけは?

 おもてなしマイスターのことをチラシで知ってから,ずっと興味があり,水戸をPRしたいと思っていたそうです。そして,平成29年におもてなしマイスターのゴールド資格を取得し,現在は京成ホテルで働きながら,おもてなしを行っています。

そんな栗田さんに聞いてみよう!

 kuritasamato02

心がけていることは?

   ロビーに立つことが多いのですが,遠くから見ても分かるような笑顔で接しています。場所によっては「なんかあの人怖いな,声をかけづらいな」と思う人はいますよね。そうではなくて,「私は何でも知っていますから,どうぞ話しかけてください」という気持ちで接しています。


おもてなしをしていて良かったと思うことは?

 会合などにご利用いただいたお客様から「ここで良かった」と言われる時です。
 お食事やお土産,観光スポットなどを紹介したお客様がホテルに戻られた時に,「紹介してもらった所,良かったよ」と言ってくださると一番嬉しいです。


おもてなしをしていて難しいと思ったことは?

 事前にSNSやインターネットで調べてくる方がいらっしゃるので,お客様の方が意外と情報量が多い時があります。
 しかし,SNSやインターネットで調べた情報や,他の人から話を聞いただけでは,分からないと思うことがあります。
 そこで,休日を利用して,なるべく自分でその場所に行き,お店やお土産を確かめて,間違いないと思うものを紹介しています。また,他のホテルにも同じように観光情報に詳しい方がいらっしゃるので,その方に確認して話を聞いたり,情報交換をしたりしています。


栗田さんにとってのおもてなしとは?

 コミュニケーションをとることも大事ですが,その人に合った情報を出すことが最も大事だと思います。
 例えば,千波湖を散策したいお客様を案内する時は,1周するのにこれくらいの時間がかかるということや,例として,お茶をするなら好文cafeがおすすめですよ,と案内して,そこでは千波湖の白鳥と黒鳥をモチーフにしたシュークリームが食べられること等を紹介しています。自分で行ったからこそ分かることを紹介しています。



 自分の目で確かめた水戸の良いところを紹介してくれる,おもてなしマイスターの栗田さん。
 私も,もっといろんな所にお出かけして,水戸の大好きなところを伝えていこう!

 そして,今,偕楽園では「水戸の萩まつり」が開催中だよ。
 今年は,14年ぶりとなる「第12回水戸薪能」も開催するんだって。ぜひ遊びにきてね。

 それでは,栗田さん,お話を聞かせてくれて,ありがとうございました★☆

kuritasamato03



今後も,みとちゃんが学んだおもてなしについて紹介していきます。

kaidannite

お問い合わせ先

観光課
電話番号:029-232-9189 /ファクス:029-232-9232

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日