観光漫遊バス~あじさいの名所編~を開催します!

印刷

最終更新日:2019年6月7日 ページID:020355

観光漫遊バス~あじさいの名所編~ 

2019年度観光漫遊バス第3弾!!
水戸市内のあじさいの名所や観光施設を乗車無料のバスが巡ります。
お目当ての施設を自由に選んでいただき、水戸のあじさいをお楽しみください!
また今回は新元号令和の由来となった万葉集の碑が建つ万葉曝井にもバスが停車します!

 保和苑 あじさい

運行日:2019年6月22日(土)・23日(日) 9時~17時10分(8便での運行)
    ※最終便は16時に千波湖西駐車場を出発します。
運賃:無料
運行経路:1.千波湖西駐車場→2.水戸駅南口7番乗り場→3.茨城県近代美術館→4.保和苑下→
     5.万葉曝井下→6.水戸八幡宮→1.千波湖西駐車場
              ※一周約1時間10分

時刻表などは下の添付ファイルをご覧ください。
観光漫遊バス~あじさいの名所編~チラシ

今回走行するバスの紹介

1.元信南交通(第1便・第3便・第5便・第7便)

元信南交通

1967年日野自動車工業製BT51型センタアンダフロアエンジンバス(車体中央部の床下にエンジンを吊り下げているタイプ)。
2019年3月にNHKで放送された「ひよっこ2」にも登場しました。

2.元岩手県南バス(第2便・第4便・第6便・第8便)

元岩手県南バス

1964年日野BH15型ボンネットバス。
路線バスとして使用された後に、定期観光バスとして活躍。
定期観光バス時代の車体イラスト、内装をそのまま残しています。

イベント情報

水戸市市制施行130周年記念 第45回水戸のあじさいまつり

西洋あじさいやがくあじさいなど、様々な種類のあじさいが初夏の水戸に咲き誇り、皆様のお越しをお待ちしております。

あじさいまつり 水戸八幡宮のあじさい
会期:6月9日(日)~6月30日(日)
会場:保和苑及び周辺史跡
バス停:4.保和苑下・6.水戸八幡宮
お問い合わせ:水戸市観光課 029-224-1111(代表) 
詳細は下のファイルをご覧ください。
水戸市市制施行130周年記念 第45回水戸のあじさいまつり

生誕90周年記念 手塚治虫展

“マンガの神様”と称される手塚治虫(1928-89)。手塚が描いた様々な物語や魅力溢れるキャラクターたちは,日本はもとより世界中で愛され続けています。
本展では厳選した約300 枚の原稿と映像・資料,愛用の品などを展示し,その歴史と作品に込められたメッセージの数々を紹介します。
会期:6月15日(土)~8月25日(日)
会場:茨城県近代美術館
開館時間:9時30分~17時(入場は16時30分まで)
企画展入館料:一    般 980円(850円)
       満70歳以上 490円(420円)
       高 大 生  720円(600円)
       小 中 生  360円(240円)
       ※()内は20名以上の団体割引料金
       ※6月22日(土)は満70歳以上の方無料
バス停:3.茨城県近代美術館
お問い合わせ:茨城県近代美術館 029-243-5111

万葉曝井について

「三栗(みつくり)の中に向へる曝井の絶えず通はむ彼所(そこ)に妻もが」と我が国現存最古の「萬葉集」の巻九に、高橋連虫麻呂(たかはしむらじむしまろ)の作と伝えられている歌が残る、水戸市唯一の萬葉の遺跡です。
新元号「令和」にちなみ、今回特別に停車をします。
バス停:5.万葉曝井下

曝井の碑 曝井の森

お問い合わせ先

観光課
電話番号:029-232-9189 /ファクス:029-232-9232

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日