令和元年度「ぴ~すプロジェクト」を開催します

印刷

最終更新日:2019年7月30日 ページID:020531

ぴ~すプロジェクトとは

1945年8月は、広島・長崎への原爆投下、第二次世界大戦の終結など、戦争に関する大きな出来事が続きました。
水戸市でも、水戸空襲などにより甚大な被害を受け、多くの市民が犠牲となりました。
しかし、終戦から74年が経過し、戦争を体験した世代は少なくなり、記憶は風化しつつあります。

戦争の恐ろしさ、平和の尊さを決して忘れず、次の世代へつないでいくために、
8月を「戦争と平和を考える」月間とし、市内各所でさまざまなイベントを開催します。
御家族で、友人同士でぜひ御参加ください。


※以下のイベントは、いずれも入場無料、申込不要です。

8/1~8/31 ぴ~すクイズ&スタンプラリー

期間中に水戸市平和記念館、水戸市立博物館、水戸芸術館でスタンプラリーを実施します。
3館のスタンプを集めた方にはみとちゃんグッズをプレゼント!
水戸市平和記念館と水戸市立博物館では、展示にまつわるクイズにチャレンジすると、
スタンプがもらえます。

※ グッズの交換は水戸市平和記念館と水戸市立博物館で行います。

8/2・15 戦争時代のお話を聴く わたしは戦争を忘れない-昭和20年8月「あの日」の記憶-

戦況が悪化し、苦しい生活の中で生き延びた日々。空襲で水戸のまちが焼け野原になった昭和20年8月2日。
語り部のみなさんが「あの日」の体験を語ります。

日 時:8月2日(金)・15日(木)  各日10:00~12:00
会 場:茨城県立歴史館講堂(水戸市緑町2-1-15)
講話者:岡田志朗、森彦昭、玉川里子(2日)
            大谷岩男、柏俊子、玉川里子(15日)

8/10 クラブソニック水戸公演~音楽と語り部~

市内を中心にバンド活動を行う高校生が、語り部の話を聴き、
それぞれが感じた平和への想いをオリジナル楽曲にのせてみなさんへ届けます。
また、ライブハウスに集う未来を担う若者へ向けて、語り部が伝えるメッセージを聴いてみませんか。

日 時:8月10日(土) 13:00~(12:30開場)
会 場:クラブソニック水戸(水戸市南町3-3-43小林ビル地下1階)
演奏者:R(e):FRET/Non step bus/田山ショーゴ
語り部:小菅 次男 

8/11 紙芝居「茂木貞夫物語」上演会

少年時代に広島で被爆した、語り部の茂木貞夫さんの半生を描いた紙芝居を、
朗読家の見澤淑恵さんが演じます。
日 時:8月11日(日) 14:00~
会 場:水戸市立博物館2階展示室(水戸市大町3-3-20)
朗 読:見澤淑恵(朗読家)
語り部:茂木貞夫 

8/17 水戸市平和大使による平和作文朗読発表会とパイプオルガン・プロムナード・コンサート

パイプオルガンの演奏とあわせて、水戸市平和大使が平和を祈念する作文の朗読をします。

日 時:8月17日(土) 13:30~(公演時間45分程度)
会 場:水戸芸術館エントランスホール
演奏者:近藤岳(オルガン奏者)
朗 読:水戸市平和大使2名

8/17 語り部の想いをつなぐ集い

語り部一人ひとりの体験、戦時下の日本や当時の生活の様子などを聞きながら、
御家族や友達と、戦争と平和、これからの未来について語り合いませんか。

日 時:8月17日(土) 15:00~(14:30開場)
会 場:みと文化交流プラザ6階大会議室(水戸市五軒町1-2-12)
語り部:水戸市語り部9名(予定)

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

文化交流課
電話番号:029-291-3846 /ファクス:029-232-9250

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日