平成30年度ぴ~すプロジェクト

印刷

最終更新日:2018年9月21日 ページID:019546

平成30年度ぴ~すプロジェクトを開催しました

8月を「戦争と平和を考える月間」とし、風化しつつある「戦争」と「水戸空襲」の記憶や平和の大切さを考えてもらうため、水戸市平和記念館・水戸市立博物館・水戸芸術館・クラブソニック水戸で実施しました。

わたしたちの平和作文コンクール入選作品の展示

平成30年度に開催した「わたしたちの平和」作文コンクールにおいて、優秀な成績を収めた小中学生の作品25点を展示しました。

会場 1 水戸市平和記念館 (8月2日~8月31日)

   2 水戸芸術館    (8月1日~8月31日)

水戸市平和大使による作文朗読発表会とパイプオルガン・プロムナード・コンサート

パイプオルガンによる平和を祈念する演奏会を実施しました。演奏の合間には、「わたしたちの平和」作文コンクールで優秀な成績を収めた小中学生2名が平和を願って作文の朗読をしました。

開催日 8月11日

会場  水戸芸術館 エントランスホール

演奏者 石丸由佳 写真左

演奏曲 (前半) クープラン:《教区のためのミサ曲》より

         J.S.バッハ:《われを憐れみたまえ、おお主なる神よ》BWV721

    (後半) ヴィドール:《バッハの思い出》より〈マタイ受難曲―終曲〉

         J.S.バッハ:《パストラーレ ヘ長調》BWV590 より〈第3曲 アリア〉

         ヴォーン・ウイリアムズ:《ロージメードルによる詩篇前奏曲》

朗読者 谷島広佑(双葉台小学校6年 写真右)、丹野啓太郎(智学館中等教育学校2年 写真中央)

H30パイプオルガン

動画 演奏及び作文朗読の様子 https://www.youtube.com/watch?v=In8CA6BquOw

ソニック公演 ~音楽と語り部~

若者が集うライブハウスに戦争体験者の語り部を派遣し、ライブの合間に自らの体験と平和の大切さを伝えました。演奏者の若者たちも、戦争の悲惨な記憶をつなぎ、平和の大切さを考えようと訴えました。

開催日 8月12日

会場  クラブソニック水戸

演奏者 The peeps ・ EachNess ・ 大丈夫。

語り部 小菅次男氏

H30ソニック公演

動画 https://www.youtube.com/watch?v=In8CA6BquOw 

語り部の想いをつなぐ集い

戦争を体験した語り部の方々から、戦時下の日本の様子や当時の生活の様子と、平和への想いを直接聞く会を実施しました。

開催日 8月18日 

会場 みと文化交流プラザ 6階大会議室

講師 塩谷みとり,三橋昭子,亀田博子,滝田浩,諏訪綱雄,小菅次男,茂木貞夫,大谷岩男

H30語り部の思い

ぴ~すクイズ&スタンプラリー

水戸空襲や戦争に関する問題に答えて勉強をする、ぴ~すクイズを実施しました。

期間 8月1日~31日

会場 水戸市平和記念館・水戸市立博物館・水戸芸術館

お問い合わせ先

文化交流課
電話番号:029-291-3846 /ファクス:029-232-9250

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日