水戸空襲を語り継ぐ史跡

印刷

最終更新日:2013年2月1日 ページID:002605

電話局の赤煉瓦壁跡

電話局の赤煉瓦壁跡南町2丁目には、水戸空襲の惨禍をとどめる「赤煉瓦壁」があります。これは、空襲により焼失した水戸電話局分室の電話交換設備跡です。市では、空襲の惨禍を伝える貴重な資料であることから、平成8年に銘板を設置しました。
平成23年3月11日の東日本大震災の被害により、取り壊しを行ったため、残念ながら現在は残っておりません。

泉神社の親子地蔵

泉神社親子地蔵宮町の泉神社には、左腕に子供を抱える親子地蔵があります。これは、東京と川崎から水戸へ疎開していた際に、水戸空襲でなくなった三家族の母子14人の供養のために建立されました。毎年7月27日と28日には、神社の例祭と併せて供養が行われています。

水戸空襲へ戻る

お問い合わせ先

文化交流課
電話番号:029-291-3846 /ファクス:029-232-9250

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日