【ご案内】第52回水戸市芸術祭 美術展覧会 作品募集について

印刷

最終更新日:2021年3月30日 ページID:023442

第52回水戸市芸術祭 美術展覧会

第52回水戸市芸術祭ロゴ

■主  催   水戸市文化振興協議会 水戸市 水戸市教育委員会 公益財団法人水戸市芸術振興財団
      茨城新聞社 水戸美術家連盟 
■会  期 第1期:6月6日(日)~6月18日(金) 日本画・洋画・彫刻・工芸美術
      第2期:6月23日(水)~7月4日(日) 書・写真・デザイン・インスタレーション
      ※6月7日(月)・14日(月)・28日(月)は休館
■会  場 水戸芸術館現代美術ギャラリー
■観覧時間 水戸芸術館:午前9時30分~午後6時(入館は5時30分まで)
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、中止となることもありますので、ご了承ください。

出品申込及び作品の搬入日時・場所

科目

申込み・搬入日時

場所

日本画・洋画・彫刻・
工芸美術・書・写真・
デザイン

5月31日(月)・6月1日(火)

午前10時~午後6時

水戸芸術館作品搬入口

(水戸芸術館北側)

インスタレーション

【申込み】

4月30日(金)~5月7日(金)

午前10時~午後5時

郵送の場合は5月7日(金)午後5時までに必着

水戸芸術館

エントランスカウンター

【搬入・展示】

6月19日(土)・20日(日)

午前10時~午後6時
※19日(土)は午後1時から

水戸芸術館

現代美術ギャラリー

※インスタレーションは、事前に書類審査を行い、6月1日(火)以降に審査結果を通知する。 

作品搬出日時及び場所

区分

科目

搬出日時

場所

展示
作品

日本画・洋画・彫刻・工芸美術

6月19日(土)・20日(日)

午前10時~午後6時

水戸芸術館
現代美術ギャラリー

書・写真・デザイン

インスタレーション

7月5日(月)・6日(火)

午前10時~午後6時

選外
作品

日本画・洋画・彫刻・工芸美術書・写真・デザイン

6月19日(土)・20日(日)

午前10時~午後6時

※上記に定められた期間に搬出しない場合には、主催者は作品保管の責任は負わない。

作品規定

1.出品資格者は、本市在住者、出身者または本市内に通勤・通学(カルチャースクール含む)する高校生以上の者とする。ただし無審査者はこの限りではない。
※無審査とは、水戸美術家連盟会員及び無鑑査出品者(前年度の特賞者)の作品をいう。
2.出品する作品は、自己の制作したものとする。なお、故人の制作したものはその相続人が出品することができる。
3.出品作品点数は1種目につき1人2点以内とする。
4.現状、表装などがどのようなものであっても同一意匠による1個の作品と認められるものは、2個以上に分離したものであっても1点とみなす。
5.出品作品については、出品前に著作権や特許、肖像権等について処理を済ませてから応募すること。第三者から権利侵害や著作権、損害賠償等の主張がなされた場合は、出品者自らがその責任と負担によって対処し、主催者は一切責任を負わない。
6.すでに他の展示会その他に発表したものは出品できない。ただし、運営委員会で推薦した場合はこの限りではない。

手数料

一般出品者及び無鑑査出品者は1点につき2,000円とし、出品申込時に納入するものとする。また、インスタレーションの郵送による申込の場合には、現金書留とする。

出品作品及び大きさ

科目

出品作品

作品の大きさ等

日本画

・額面とし、枠縁を付するなど出品者において適当に装飾設備をする。

・額装はガラスを用いない。必要な場合には、アクリル板を使用する。

・洋画は、油絵・水彩・アクリル・パステル・創作版画等とする。

20号以上80号以内

洋画

一般出品者(無鑑査出品者を含む)、出品委嘱者は20号以上50号以内。(版画は4号以上30号以内)審査員・運営委員は30号以上100号以内。ただし、運営委員会で推薦した者はこの限りではない。

彫刻

原型制作者と実材制作者が異なる場合には、原型制作者を出品者とする。

大きさは制限しないが、重量は100kg以内とする。

工芸美術

・総合制作作品は、その代表者1人を出品者とする。ただし、代表者は共同制作者の氏名を付記する。

・額装はガラスを用いない。必要な場合には、アクリル板を使用する。

・立体は、100cm×100cm以内の場所に陳列できるもの。

・立体以外は縦横とも182cm以内(装飾設備を含む。)とする。

・作品は額装とする。

・出品委嘱者のみ、軸装可とする。

・篆刻は表装し印影のみを出品する。

・枠張りで、縦212cm、横51.5cm以内。
      縦180cm、横100cm以内。

・扁額で、縦51.5cm、横182cm以内。

・篆刻の表装は縦40cm、横30cm以内。

・軸装は、半切以内。(出品委嘱者のみ)

写真

・一点の作品は、木製パネル貼りとし、額装はしない。パネル内の写真の大きさ、枚数は自由とする。

・発泡スチロール貼りのパネルは不可。

パネルの大きさ 

  短辺50cm(±1cm可)、長辺60cm(±1cm可)

デザイン

パネル貼り(縦・横自由)とし、次によるもの。

ただし、いずれの場合も実在商品名、会社名は避けること。

・ポスターデザイン

各種産業・工業・商業に関するもの。

観光・音楽・演劇・書籍・公共福祉等に関するもの。

その他これに類するもの。

・小型グラフィックデザイン

CDジャケット・DVDジャケット・ブックカバー・車内吊りポスター・包装紙など。

・イラストレーション

・B全判(パネル外枠寸法 72.8cm×103cm)
・B倍判(パネル外枠寸法 145.6cm×103cm)

・小型グラフィックデザインはB全パネル内に数点貼り付けて構成する。

・半立体は、B全パネル内におさめ、重さは8kg以内、厚さは面より7.0cm以内。

・CG使用の場合は、使用機種及び使用ソフト名を明記し原則として市販製のスチロールをベースとした細アルミ枠の使用を避け、ベニヤパネル(B全・倍版)におさめる。

・基本的に額装不要。装飾上必要な場合仮縁程度のシンプルな額はよい。

・突起物やはがれやすい危険性があるものはビニール・アクリル板等で表面保護する。

・展示運搬に際し壊れにくいものとするよう注意すること。

インスタ    レーション

平面・立体等、形態及び表現方法は問わない。

ただし、場所や寸法等に関しては、書類審査後に出品者と審査員で協議する。

下記事項に留意すること。

・搬入経路の開口部   W3×H3m以内

・エレベーターサイズ W5×D2.3×H3m

ただしエレベーターの開口はW3.5×H3m

・最大積載量 3500kg

・床面最大重量 360kg/平方メートル

搬入

1.出品しようとする者は、記入済み申込書及び返信用封筒(住所・氏名を記入、切手不要)とともに作品を所定の場所へ提出するものとする。ただし、インスタレーションについては、事前に申込書により書類審査を行うので、主催者からの連絡を受けた後、指定日に出品者自身で搬入・展示すること。
※出品申込書は市文化交流課及び各市民センターに設置しています。
2.主催者は出品作品を受理したときは、預り証を交付する。預り証を紛失した場合はただちに届け出ること。
3.展示した作品は、会期中撤回できない。ただし運営委員会の承認があった場合はこの限りではない。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、以下の事項にご協力ください。
・最少人数で来館し、体調がすぐれない場合は来館を控えること。また、感染すると重症化の恐れがある方は、感染対策・体調に十分注意のうえ来館すること。
・入館時の検温に協力し、37.5度以上の熱があった場合は入場を控えること。検温の実施等により、入場に時間がかかる場合があるため、時間に余裕を持って来館すること。
・来館の際は必ずマスクを着用し、館内設置の消毒液での手指消毒に協力すること。また、他の出品者との距離をとり、会話はなるべく控えること。
・「いばらきアマビエちゃん」の登録に協力すること。

鑑査・審査及び陳列

1.一般出品作品(無鑑査者作品を除く)は鑑査をする。
2.鑑査は、応募作品について展示すべきものを定め、審査は、展示作品について優秀なものを選定する。
3.鑑査及び審査の方法は、各科の審査員において定める。
4.出品者は、鑑査・審査及び展示に対し異議を申立てることができない。
5.主催者は、作品の保管や取扱いについて十分留意するが、不慮の災害の場合にはその責を負わない。

著作権

本展の紹介、記録、宣伝広報の目的をもって印刷刊行する出版物や、掲示物に対する著作権は、主催者に帰属する。

写真撮影

1.撮影禁止マークのある作品を除き、写真撮影できる。なお、フラッシュ撮影や、三脚等を利用した撮影はできない。
2.主催者は、撮影禁止マークのある作品を除き、作品や会場の様子を写真撮影し、広報物(チラシ・ホームページ等)や報道資料に使用することができる。

事務局・問い合わせ

不明な点は、美術展覧会運営委員会事務局に問い合わせること。
水戸市市民協働部文化交流課内 ☎029-291-3846

お問い合わせ先

文化交流課
電話番号:029-291-3846 /ファクス:029-232-9250

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日