特別展「水戸の大地の成り立ち~水戸140億年史~」を開催します

印刷

最終更新日:2019年12月26日 ページID:021064

特別展「水戸の大地の成り立ち~水戸140億年史~」

 水戸はいつできたのか?

 太古の昔,どんな生き物がいたのか?

 未来にはどう変化するのか?

 本展はそんな疑問に答えるため,宇宙科学,地質学、古生物学,考古学などの幅広い資料を一堂に集め,138億年前の宇宙誕生から,2億年後のアメイジア超大陸形成までの140億年間に及ぶ歴史をたどります。

会期:令和2年2月9日(日)~3月15日(日)

休館日:月曜日,2月25日(火)

会場:水戸市立博物館

関連行事:特別講演会(2月15日(土))や,ジオラマづくり(2月16日(日))など,

     詳細はこちら(http://shihaku1.hs.plala.or.jp/exhibition/2406)をご覧ください。

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

博物館
電話番号:029-226-6521 /ファクス:029-226-6549

〒310-0062 茨城県水戸市大町3-3-20
業務時間:午前9時30分から午後4時45分まで(入館は午後4時15分まで) /休業日:月曜日、祝日(祝日が日曜日に重なる場合と特別展会期中は開館)、12月29日から1月3日まで