水戸市青少年育成推進会議 青少年社会参加部会からのお知らせ

印刷

最終更新日:2021年3月31日 ページID:013977

専門部会とは?

 水戸市青少年育成推進会議では、総務広報部会地域・環境部会、青少年社会参加部会の三つの部会に分かれて、それぞれの専門的視点から、青少年育成のためのさまざまな事業を展開しています。

 ここでは、三つの専門部会の一つ、青少年社会参加部会の活動についてお知らせします。

青少年社会参加部会の主な活動内容 

  • 青少年のグループ活動,ジュニアリーダー活動,地域社会参加活動,その他青少年活動の企画,実践,促進
  • 青少年の集団づくりと活動の促進
  • 社会奉仕活動の促進
  • 勤労青年の健全育成と福祉の向上

令和2年度の活動をお知らせします

令和2年度の青少年社会参加部会の活動をお知らせします。

水戸市少年の主張大会

 青少年が心身ともに健やかな成長を遂げるためには,社会における自らの在るべき姿を認識し,明確な目標を持つことが大切です。また,青少年を育成する立場にある者は,これら青少年の声に耳を傾けつつ,必要な手助けをしていかなければなりません。
 水戸市では,中学生による少年の主張大会を開催することにより,青少年の社会に対する関心を高め,将来に向かっての展望を抱かせるとともに,彼らが現在どのような問題と向き合い,どのような意見を抱いているのかについて,社会全体で共に考える機会を得ることを目的として,水戸市少年の主張大会を実施しています。

 今年は,市内中学校18校から2,007点の応募があり,審査の結果,主張大会で発表する18名の優秀賞受賞者が選ばれました。
 残念ながら,新型コロナウイルスの感染拡大の影響を鑑み,発表者及び関係者の皆様の安全確保が困難であることや,感染拡大を防止するため,毎年行ってまいりました会場での発表の中止を判断いたしましたが,優秀賞受賞者による主張文発表を録音し,水戸市の公式YouTubeチャンネルにて発信しております。

主催者 水戸市青少年育成推進会議,水戸市教育委員会,第70回“社会を明るくする運動”水戸市推進委員会

青少年若者体験活動事業

 子どもたちが同じ目標に向かってグループで体験活動をし,課題を解決していくなかで,経験を通して自己肯定感やコミュニケーション能力を向上させることを目的に体験事業を実施しました。 

日  時 令和2年10月17日(土)午後1時~午後4時(受付 午後0時30分~)

会  場 水戸市少年自然の家

参加人数 小学4年生~6年生 24名

内  容 1.館内ビンゴ

     2.みんなでレクリエーション
      ・もったいない鬼ごっこ
      ・レクリエーション

R2ワクドキ1. R2ワクドキ2.

中学生交流会

 中学生交流会は,青少年がお互いに理解しあい,自らが社会の一員であることを自覚し,社会参加の意欲を高めることを目的に,市内の中学生が一堂に会し,中学生自身が考えたテーマについて意見交換を行うものです。

 今年度は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,水戸市役所会場と市内各中学校をミーティングアプリZoomを使用してのオンライン交流会として実施いたしました。オンライン交流会には市内中学校15校から29名が参加し,また5校の書面参加中学校とともに,「コロナ禍で私たちができることとは ~協働の中で最適解を考える~」をテーマに,意見交換を行いました。

日  時  令和2年12月22日(火) 16:30~18:30

開催方法  オンライン会議(Zoom),書面

テ ー マ  「コロナ禍で私たちができることとは ~協働の中で最適解を考える~」

意見交換の様子については,報告書をご覧ください。

第9回中学生交流会1. 第9回中学生交流会2.

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

生涯学習課
電話番号:029-306-8692 /ファクス:029-306-8693

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日