水戸市青少年育成推進会議 青少年社会参加部会からのお知らせ

印刷

最終更新日:2019年3月29日 ページID:013977

専門部会とは?

 水戸市青少年育成推進会議では、総務広報部会地域・環境部会、青少年社会参加部会の三つの部会に分かれて、それぞれの専門的視点から、青少年育成のためのさまざまな事業を展開しています。

 ここでは、三つの専門部会の一つ、青少年社会参加部会の活動についてお知らせします。

青少年社会参加部会の主な活動内容 

  • 青少年のグループ活動,ジュニアリーダー活動,地域社会参加活動,その他青少年活動の企画,実践,促進
  • 青少年の集団づくりと活動の促進
  • 社会奉仕活動の促進
  • 勤労青年の健全育成と福祉の向上

平成30年度の活動をお知らせします

平成30年度の青少年社会参加部会の活動をお知らせします。

水戸市少年の主張大会

 青少年が心身ともに健やかな成長を遂げるためには,社会における自らの在るべき姿を認識し,明確な目標を持つことが大切です。また,青少年を育成する立場にある者は,これら青少年の声に耳を傾けつつ,必要な手助けをしていかなければなりません。
 水戸市では,中学生による少年の主張大会を開催することにより,青少年の社会に対する関心を高め,将来に向かっての展望を抱かせるとともに,彼らが現在どのような問題と向き合い,どのような意見を抱いているのかについて,社会全体で共に考える機会を得ることを目的として,水戸市少年の主張大会を実施しています。

 今年は,市内中学校21校から3,571名の応募があり,審査の結果,主張大会で発表する21名の優秀賞受賞者が選ばれました。主張大会当日は,人と人とのつながりや,努力の大切さなど,さまざまなテーマで,中学生が主張発表を行いました。
 また,平和意識の高揚を図るため,広島県から被爆体験証言者をお招きして御講演いただく「平和を考える集い」を開催いたしました。

主催者 水戸市教育委員会,水戸市青少年育成推進会議,第68回“社会を明るくする運動”水戸市推進委員会

日 時 平成30年7月15日(日) 午後0時30分~午後4時30分

会 場 茨城県立県民文化センター 大ホール

第33回主張大会

青少年若者体験活動事業

 子どもたちが同じ目標に向かってグループで体験活動をし,課題を解決していくなかで,経験を通して自己肯定感やコミュニケーション能力を向上させることを目的に体験事業を実施しました。 

日  時 平成30年10月14日(日)午前10時~午後3時

会  場 水戸市少年自然の家

参加人数 小学1年生~6年生 45名

内  容 1.みんなでワイワイおにぎりづくり

     2.なかよくたのしくレクリエーション
      ・もったいない鬼ごっこ
      ・おにぎりコンテスト
      ・新聞紙で遊ぼう
      ・ロープ結びリレー

H30ワクドキ   H30もったいない鬼ごっこ

中学生交流会

 中学生交流会は,青少年がお互いに理解しあい,自らが社会の一員であることを自覚し,社会参加の意欲を高めることを目的に,市内の中学生が一堂に会し,中学生自身が考えたテーマについて意見交換を行うものです。

 今年度は,市内中学校17校から56名が参加し,「言葉の本質とは~自分の思いを相手に伝えるには~」をテーマに,グループに分かれて語り合い,その成果を発表しました。

日 時  平成30年12月15日(土)午前9時30分~午後4時

会 場  みと文化交流プラザ

テーマ  「言葉の本質とは~自分の思いを相手に伝えるには~」

 第7回中学生交流会集合写真 

 中学生交流会1.  中学生交流会2.

お問い合わせ先

生涯学習課
電話番号:029-306-8692 /ファクス:029-306-8693

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日