茨城県内日本遺産認定3市(水戸市・牛久市・笠間市)の連携について

印刷

最終更新日:2020年10月30日 ページID:022688

10月16日(金)に牛久シャトー(茨城県牛久市)において,水戸市長・牛久市長・笠間市長が日本遺産ブ
ランドを活用した観光振興についてのお互いの思いを語り合い,下記の連携事業を行うこととなりました。その概要をお知らせいたします。

【日本遺産推進 県内認定3市連携事業】
1 シンポジウムの実施
  3市(水戸市・牛久市・笠間市)合同でシンポジウムを開催し,県民・市民への日本遺産及び認定
  ストーリーの認知向上を促進します。
2 商品開発と販売
  水戸市の梅酒,牛久市のワイン,笠間市の笠間焼(酒器)をセットにした記念商品を開発し,更な
  るブランドPRとともにイメージアップを図ります。
3 連携の証を制作
  ピンバッジ等の3市連携の証を制作し,思いを一つにして事業推進を図ります。

牛久シャトー前にて(10/16撮影)

 牛久シャトー前にて(10/16撮影)
 左から、高橋靖水戸市長、根本洋治牛久市長、山口伸樹笠間市長

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日