姉妹都市親善友好少年交歓研修(平成30年来水)

印刷

最終更新日:2018年8月9日 ページID:019429

 水戸と敦賀のつながり

 今からおよそ150年前の1864年(元治元年)12月、幕府に尊王攘夷を促すために挙兵した水戸藩士の一派(いわゆる天狗党)は、越前国新保宿(現在の福井県敦賀市)で幕府に降伏し、352人が処刑されました。処刑された水戸藩士は、敦賀の方々の手で葬られ、現在に至るまで手厚い供養をいただいています。 

姉妹都市親善友好少年交歓研修とは?

  こうした歴史的経緯を踏まえ、本市と敦賀市とは、昭和40年に姉妹都市となりました。以後、両市では、毎年小学5年生を中心とする使節団を組織し、「姉妹都市親善友好少年交歓研修」として、敦賀・水戸双方の子ども達を相互に派遣して研修を行い、少年少女の研修を通じて、両市を結ぶ絆を深めるとともに青少年の豊かな知性と郷土愛の高揚に努めています。 

明治維新150年記念第51回姉妹都市親善友好少年交歓研修 敦賀市使節団をお迎えしました

 8月3日~5日にかけて,姉妹都市である福井県敦賀市からの使節団を迎え,「第50回姉妹都市親善友好少年交歓研修」を実施いたしました。

 24名の敦賀市使節団は,今年3月に敦賀市を訪れた水戸市使節団と共に水戸市の史跡・名所等を見学し,水戸の先人の足跡や精神を学ぶとともに,両市の友好の絆も深めることができました。

H30来水01   H30来水04 H30来水05

添付ファイルのダウンロード

お問い合わせ先

生涯学習課
電話番号:029-306-8692 /ファクス:029-306-8693

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日