銅造 釣燈籠

印刷

最終更新日:2014年2月10日 ページID:013267

 

銅造 釣燈籠

 釣燈籠  

名称

銅造 釣燈籠(どうぞう つりとうろう)

所在地

水戸市緑町2-1-15

管理者

茨城県立歴史館(寄託)

年代等

江戸時代

指定区分

市指定

指定年月日

昭和54年8月3日

員数

8基

 燈籠は、古来の照明用具の1つで、かけて用いる「釣燈籠」と、地上に立てる「燈台」とに分けられます。その起源は明らかではありませんが、日本には、仏教伝来とともに、仏前の燃燈供養(ねんとうくよう)の仏具として入ってきました。燈台は、火を燃やす家形(やかた)を竿の上にのせた構造を持ち、この家形の部分が独立したものが釣燈籠で、それぞれ八角・六角・四角・円筒などの形と各種の意匠を持っています。
 この釣燈籠は、宝珠に釣輪、火袋は六角形で、唐草の透彫り、その中央に短冊の銘板を組み入れてあります。正面は、蝶番で両面開きの扉をつけています。高さは51cmです。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日