須恵器壺

印刷

最終更新日:2014年2月10日 ページID:013272

 

須恵器壺

 須恵器壺  

名称

須恵器壺(すえきつぼ)

所在地

水戸市塩崎町1064-1

管理者

水戸市

年代等

平安時代

指定区分

市指定

指定年月日

昭和57年2月22日

員数

1個

 本資料は、昭和41年の常澄中学校建設工事にて出土したものです。露胎はやや粗く、陶器に一般的な白色緻密な胎土ではないことから、灰釉陶器を模倣した須恵器短頸壺であると考えられます。透明感のない褐色がかった濃緑色の釉には、刷毛塗りの痕跡はみられず、自然の降灰に任せて形成された自然釉が肩部に分厚くかかっています。
 制作年代は、平安時代初期とみられます。底部には、長さ13cmにわたる亀裂が認められますが、これは使用時に形成されたものではなく、生産段階の乾燥・焼成時に生じたものと思われます。したがって当初から骨壺等を使用目的としていたことがうかがわれます。高さ25.8cm、口径は12.3cmです。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日