六地蔵寺本堂(地蔵堂)

印刷

最終更新日:2014年2月10日 ページID:013228

 

六地蔵寺本堂(地蔵堂)

 六地蔵寺本堂 

名称

六地蔵寺本堂(地蔵堂)

(ろくじぞうじほんどう(じぞうどう))

所在地

水戸市六反田町767

管理者

六地蔵寺

年代等

江戸時代

指定区分

市指定

指定年月日

平成2年3月2日

員数

1棟

 この堂は、江戸時代中期の元禄年間に限られる裳階(もこし)付きの仏堂です。外観は、屋根が2層であるため2階建風に見えますが、屋根裏の高い平屋建であり、この建築様式の特色を示しています。平成3年、堂の老朽化による解体修理の際、屋根の下層が銅板葺で上層が茅葺であったものを、荷重による小屋組への影響や、将来の保存への対応などの理由から、上下層とも現在の銅板葺に改修しました。小屋組・梁に、元禄13(1700)年の墨書があることから建築年代を断定することができます。水戸藩第2代藩主徳川光圀の寄進によるものといわれ、堂内に当寺の本尊六地蔵菩薩立像を安置しています。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日