小泉家文書 669件935点

印刷

最終更新日:2020年2月10日 ページID:021268

小泉家文書 669件935点

小泉家の日記「年中日記覚」画像
【小泉家が記した日記「年中日記覚」】

名称 小泉家文書(こいずみけもんじょ)
所在地 水戸市3-3-20
管理者 水戸市立博物館
指定区分 市指定
指定年月日 令和2年2月10日
員数 669件935点

 本物件は、江戸時代後期、水戸城下馬町(現・末広町1丁目)の商家である小泉家に伝わった記録類(37点)及び文書類(898点)です。

 記録類の大部分を占める日記には、江戸後期から大正中期までの出来事が記されています。代表的なものを挙げると、1855(安政2)年の安政大地震発生時の江戸小石川藩邸及び水戸城下の被害状況、1860(万延元)年の水戸藩第9代藩主徳川送迎の様子、1862(文久2)年のコロリ(コレラ)騒動の際の風聞や、1864(元治元)年の天狗諸生の実戦の伝聞、1904(明治37)年の日露戦争の戦況、大正に入ると偕楽園を中心とした「観梅デー」なるイベントが盛況であった様子などが記されています。江戸府内の触書が頻繁に書き写されていることから、当時の町人階級が情報収集の重要性を認識していたことがうかがえます。

 文書類には,証文・書状や取引記録とともに、水戸城下の祭礼順路の書付を写したものなどの町方関係、幕府や藩からの達書(たっしがき)の類、ペリー来航や筑波山挙兵といった内外の情報を記録した覚えなどが含まれており、小泉家が入手した情報をつぶさに読み取ることができます。

 本物件は特に水戸城下(主に上町(上市))の様相や、江戸後期から明治・大正期の水戸の商家の動向などの解明に大きく寄与しうる好史料です。空襲により多くの文書資料を失った本市において、価値・有用性の非常に高い歴史資料と言えます。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日