大串稲荷神社神輿並びに日月鉾

印刷

最終更新日:2014年2月10日 ページID:013274

 

大串稲荷神社神輿並びに日月鉾

 大串稲荷神社神輿  日月鉾 

名称

大串稲荷神社神輿並びに日月鉾

(おおくしいなりじんじゃみこしならびにじつげつほこ)

所在地

水戸市大串町2251

管理者

大串稲荷神社

年代等

江戸時代

指定区分

市指定

指定年月日

平成4年2月5日

員数

1基及び1対

 江戸時代の宝永4(1707)年、水戸藩3代藩主徳川綱條(とくがわつなえだ)より大串稲荷神社に寄進されたもので、神輿は総漆塗りで、葵の紋があります。また、古くからの口伝によると、神輿の屋根上及び四方の軒には純金の鳳凰が配されていたといわれていますが、現在のものは銅製の鳳凰です。神社に関連する文化庁選択民俗芸能「大串のささら」の由来・神社の創建・神輿の寄進に関する由緒書について、「新編常陸国誌」・「水戸藩神社録」・「神社由緒記」等の諸記録に、宝永4年7月20日に綱條が神輿を奉納、同年9月9日に日月の鉾と四神の旗とを奉納したと詳細に記されてあり、制作年代の明らかな資料のひとつです。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日